ストレッチシリーズ 腰痛

【ストレッチ】寝起きから腰が辛いあなたへ。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は

寝起きの腰痛対策ストレッチ

についてお話しいたします。

あさひ治療院に来る方で、結構多いのが寝起き、朝方の腰痛で悩んでいる方が結構多いという事に気が付きました。

 

あなたは、朝どうですか?

 

腰痛治療をするうえで、痛くなる原因を探っていきますが、問診の中でいつ痛いのか?というのも原因をみつけるきっかけにもなります。

 

そこで、今回は多くの腰痛の原因をカバーできるストレッチ方法をお教えいたします。すごく簡単な方法ですが、朝、腰が辛い、痛い方はこれをすることで起きてからの動き出しが楽になっていることに気が付くはずです。

 

その方法とは・・・

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

朝、起きがけに腰が痛くなる原因は?

朝腰痛の原因についお話しいたします。なぜ、朝から腰が辛いのか?それは・・・

・前日までの疲労が痛みとして出た

・本当はいつも痛みを感じているが、朝が一番腰の痛みを感じやすい

などが上げられます。寝ているときは、体の中の活動量が少ないので体は冷える傾向にあります。

 

その時に腰の痛みを感じやすいという事は、筋肉や関節の硬さが痛みと関係しているという事が言えます。

 

と、いう事はそれに関連している筋肉や関節を起き上がる前に動かしたり、伸ばしてやる事で活動量が増えるきっかけになり、体が温まり腰の痛みが楽になっていくのです。

ストレッチ方法1

ひざか抱えストレッチです。

まず、このストレッチを行います。体制をほとんど動かすことなく開始できるので、やりやすいと思います。

 

片方ずつ行い、抱えてない方の足は曲げておくと腰が楽にストレッチ出来ます。

 

ゆっくりやってくださいね。

ストレッチ2

次は、ひざをそろえて左右に倒すストレッチです。

足をクロスさせてするやり方もあるのですが、腰が痛い人はこの膝をそろえてするやり方でも十分に効果があります。

 

ゆっくり倒していき、脇腹などにストレッチ感が出るくらいまで倒していきましょう。ポイントとしては、反対側の方を床からなるべく離さない事です。

仕上げは

これはやったほうがより、腰の痛みを和らげることが出来ます。予防にもなりますよ。それは・・・

 

うつ伏せ

 

です。実はうつ伏せは非常に重要で、その状態になるだけで背骨のわん曲を作ることが出来ます。ウソのようですがホントの話です。

 

起掛けでうつ伏せになることって少ないと思いますが、やってみると体が楽になっていくの実感できますよ。これだけは2~5分ぐらいやっているといいと思います。

回数・頻度?

ここでは、具体的な回数をお教えいたしますね。

 

膝抱えは

 

片方抱えた状態で5秒くらい維持して、足を交代します。それを5回繰り返します。

 

両足倒しは

 

右なら右にしっかり倒し切ってから5秒くらい維持して、反対の方向に倒していきます。これを5回繰り返します。

 

最後のうつ伏せは、時間があれば5分ぐらいがベストです。その間、首が疲れてきますので同じ方向ばかり向かないで、時折反対方向を向いてくださいね。

朝、腰が辛い方は、これを1週間くらい続けてみてください。朝、普通に起きれるようになりますよ。

やってみてくださいね。

 

では、また。

-ストレッチシリーズ, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.