姿勢 猫背 腰痛

【必見】床生活でやってはいけない座り方

投稿日:

北海道の腰痛専門整体院あさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

床でやってはいけない座り方

についてお話しいたします。

椅子でも言える事なんですが、床に座るときは様々な方法で座ることができます。なぜなら、足の置き場に自由度があるからです。

 

そういった意味では、椅子で座るよりもたくさんのバリエーションがあるのです。

 

しかし、座り方によっては腰に大変良くない座り方もあるのです。

 

それは・・・

画像をクリックすると動画が見れます

 

解説しますね。

 

座り方の基本それは、骨盤を立てる事

 

骨盤を立てて座ることにより、体重がしっかり坐骨(ざこつ)に乗り体重が真下に来きて、腰の負担がなくなります。骨盤が寝てしまうと、体重が後ろにかかってしまい腰周辺に体重がのってしまいます。腰で座っているようなものです。

それを踏まえると、床に座る場合に多くのやり方が腰に体重を乗せた座り方になるのがわかると思います。

 

しっかり腰を立てると、自然と胸がはる

 

骨盤を立てて座ると、脊椎がからだにいい彎曲を作ることが出来るので、自然と胸を張ることができ座りながら深呼吸が出来るようになります(腰が丸まった状態では、深呼吸はしずらいはず!)

 

深呼吸が出来るようになれば、頭もすっきりして集中力も増してくるでしょう。

 

どんな座り方が良いのか

 

骨盤の立ちやすさでいえば、正座とあぐらです。これも普通に座ると背中が丸くなってしまいますので、座り方を工夫する必要があります。

正座やあぐらで骨盤を立たせる一つの方法として、タオルをお尻の後ろ側に挟むという方法があります。

具体的な方法はこちら

朗報!床生活で腰痛のあなたへ。良い座り方教えます。

正座編は後日アップします。

 

床での生活は、姿勢を乱しやすい傾向にあります。楽さを求めてしまうとどこまでも背中を丸めてしまう事になってしまいます。最悪の場合、背骨の圧迫骨折や重度の変形を自ら作ってしまう原因にもなります。

そうなる前に、自分たちでもできる体にいい事をどんどん取り入れ健康になっていきましょう!

 

-姿勢, 猫背, 腰痛

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.