O脚 クセ・習慣 腰痛

【注意!】立つ時のこの癖が、一生の後悔を生む?

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

膝を曲げる癖と腰痛

についてお話します

いつもお話していますが、人と言うのはいろんな癖を持っています。

 

癖と言うのは、日常の生活動作を効率よく行うための機能なのですが、その癖があなたの腰痛やその他の痛み等を誘発しているという事が良くあります。

 

身体の機能を害してまで、作業の効率化を図ろうとするんですね。

 

あなたにも少なからず、いろんな癖が体に染み込まれていると思います。

 

1つあなたに質問があります。それは、

立っているときに、ふくらはぎや膝(ひざ)の裏あたりが疲れてきたり、張ってきたりしたり、また夜によく足がつるなんてことはありませんか?

 

もし、これに腰痛もあるのであれば、今回お伝えする癖があなたにはあるのかもしれませんよ。

画像をクリックすると動画が見れます

解説ますね

膝が曲がっていると腰に負担がかかる理由

立ってる時に膝が曲がっていると図ような感じになってしまいます。

膝が曲がって立ってると、骨盤を立てることもできず、背筋をのばすこともできません。バランスを取るために頭が前のほうに出てきてしまいます。

 

このような感じの姿勢が長期間に及んでしまうと、背骨も変形し元に戻らなくなってしまい、当然、膝も膝の変形が始まってしまいます。イメージとして昔のおばあちゃんのような格好を作ってしまう可能性がとても高いのです。

 

ちょっとした癖なのに、将来的に大きな影響を生み出す可能性のある癖なのです。私かもと思ったときにはすぐに直す必要があります。

 

あなたはどうですか?そうなっていませんか?

 

癖を治していきましょう!

おさらいしましょう。もし、あなたが立ってる時

・ふくらはぎや膝の裏が辛くなってきているのである

・膝が曲がっている実感がある

・現在、立っていると膝が痛くなる

以上の様な事が当てはまっている場合、腰にも負担がかかり、ひざや腰の骨にも影響が出る可能性が高いという事です。

 

この癖は治らないのか?

そんなことはありません。

大丈夫です。膝を伸ばすことはできます。ただし、膝が変形していなければ・・・です。

 

ひざの骨が変形してしまうと、どうすることもできません。だから、気が付いたらすぐに対策する必要があるんですよ。

 

どのようにするかというと、実は非常に簡単です。

 

立ってる時に太ももに力を入れてあげる、そうすることによって膝は飛びます。

 

最初、伸びにくいかもしれませんが、習慣をつけていくとだんだん膝がやらかくなっていき、膝がどんどん伸びやすくなっていきます。

 

膝を伸ばそうと言う意識が大事です。

 

今の状態で膝を伸ばそうとすると、体が前かがみになってしまう感覚があります。

 

でも気にせず伸ばし続けてください。そうすることによって骨盤が立ち上半身まっすぐ上のほうに向かってきます。そうなることで顔も後ろの方へ下がって姿勢がきれいになっていきます。

 

私かも?と思った方は、すぐに膝のばしを開始してください。この対策は早ければ早いほど効果を発揮します。

 

膝を膝を伸ばす習慣を頑張ってつけて、姿勢が良くなり腰が楽になったと実感できたのであれば、このことをお友達にも教えてあげて下さい健康できれいな姿勢の方がまた増えますので。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-O脚, クセ・習慣, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.