姿勢 腰痛

【腰痛・ヘルニア】段階別セルフ整体教えちゃいます。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

腰の痛みの段階に合わせたセルフ整体

についてお話しいたします。

あなたは、腰が痛くて病院に行ったらヘルニアと診断されてしまったらどうしますか?

 

しかも手術まで進められたら・・・・。

 

怖いですよね。なるべく、手術したくないというのが本音かもしれません。

 

腰痛の原因のほとんどがヘルニアにはない

 

という説があるのををご存知でしょうか?

 

そうなんです。痛みの多くは姿勢の悪さや腰に良くない習慣のたまものなんです。

 

そのせいで、腰に負担をかけながら生活をし続けているために腰が痛くなるんですよ。

 

じゃあ、その習慣を治してしまえば、良くなるのですが、その前にやらなくてはいけない事があります。それは、

 

背骨を柔らかくすること

 

これが出来ていないと、習慣を変えていく作業が結構大変になります。

 

そこで、今回は、痛み・硬さの段階に合わせたセルフ整体の方法を教えますね。

 

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

整体にも回復の段階に合わせた整体法があります

かなり痛いのにいきなり、ヨガのポーズの様な整体をしようとしても、痛すぎてポーズをとることが出来ないし、そもそも危険です。

 

治そうと努力しているのに、逆に自分の体を痛み付ける結果になったら目も当てられません。

 

そこで、段階別の整体法を実践することにより、安全に回復することが出来ます。

第1段階

結構痛い場合にこれを試みます。

 

これすらできない場合もありますが、これを目標に頑張ってみてください。まずこれです。

 

四つ這い(よつばい)

 

まずこの形だけでもいいので、やってみてください。この形が出来たら1分目標にその形を維持してみてください。痛みが強いときは2~3日やってみます。

 

次にこれになれたら、四つ這いの状態で身体を動かします。

 

これは背骨を動かすという目標もありますが、こっそり背筋を強化するという目的も含んでいます。

できる範囲でいいのでやってみてください。痛みや苦しさが徐々に減ってきますよ。

第2段階

割と動けるようになった段階です。ここでは日常生活は何とかできる状態です。

 

ここで、何をするのかと言いますと

 

うつ伏せ

 

です。実は、腰が痛いとうつ伏せが取れません。割と背骨が柔らかくないとうつ伏せは厳しいはずです。うつ伏せができるということは結構良くなってきていると実感できやすいですね。

 

うつ伏せは5分を目標にしてみてください。

 

頭の位置を気を付けてくださいね。同じ方向でずっといたら首が痛くなってしまいます。そのまま寝ないでくださいね笑

第3段階

最終段階ですね。ここまでくるとかなり動けます。仕事なんかもできるようになると思います。

 

ですが、ここで辞めてはいけません。

 

この段階に入る前に辞めてしまうと、再発を繰り返す可能性があります。なので、ここまで来たらしっかり治しちゃってください。でないと、いつまでたっても完治しませんよ。

ここでやる動作は、うつ伏せからのこれです。

肘立てですね。これをすることで、背骨を正しいわん曲に戻していきます。この姿勢を一日最大10分を目標にしてみてください。続けるとかなり姿勢が良くなりますよ。

 

最終的には、背骨が正常なわん曲を作れるようにならないと、ことあるごとに腰に負担がかかってしまいます。正常なわん曲を作れると腰への負担はほぼなくなります。

 

本当は、他にもやっていただきたいことがありますが、とりあえずこれをやっておけば痛みは回復してきます。ヘルニアと診断されてどうしていいかお困りの方は、これをやってみてくださいね。効果は折り紙付きです。

 

では、また。

-姿勢, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.