腰痛

あなたのぎっくり腰は何回目ですか?①

投稿日:2016年6月17日 更新日:

苫小牧市にもいよいよ進出する予定の櫻田です。

よく、何回もぎっくり腰になる方がいます。あさひ治療院にも初期の頃、そのような方が来院していました(今はほとんどいません)。

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

まず、最初のぎっくり腰の原因についてお話しします。

1、疲労の蓄積

2、無理のし過ぎ

3、長い間同じ姿勢でいたため

4、筋力以上の負荷がかかった

5、腰に負荷がかかるような姿勢

6、身体が硬い

以上のような状況が組み合わさって発生します。

痛みという感覚は大変あいまいで、私たちは、今起きている痛みがどのような痛みに属するのかが把握できません。

そこで、治療を行う上で何が重要かというと・・・

ぎっくり腰が発生した原因です。

発生した時の状況やどのような姿勢から起きたのか、ぎっくり腰になる1週間前~現在までどのような生活をしていたか細かく聞かなければいけません。

 

ここの原因がはっきりしていないと、たとえよくなったとしても、またぎっくり腰を繰り返すことになります。なぜなら、ぎっくり腰になった原因がなった本人も理解していないから、また、同じことをしてしまい、再びぎっくり腰を引き起こします。

 

そして、原因やその患部の状況や全身バランスの状況で治療法が全然変わってきます。

分かりやすい所でいえば・・・

・冷やして安静にする

・温めてストレッチをする

などがあります。上記の2点は全く逆の状況です。ということは、治療法の選択を間違えるとそのぎっくり腰は治らないことになります。良くなったと自覚しても、患部そのものは治癒に向けて再生をしていきません。

 

怖いですよね。レントゲンを撮って、骨に異常がないから、「加齢だね。シップと痛み止め出しておくから」というわけには一概に言えなくなります。これが原因で背骨が変形してくるかのせいもありますから・・・。

 

では、もし、あなたがぎっくり腰になってしまったら、どのような行動をしたらいいのか?

それは、次回お話ししますね。

P.S あなたのお身体の悩みがどこに行っても改善されることなく、どうしていいかわからなくなった時はすぐにお電話くださいね。

完全予約制 ☎0144-56-5008

-腰痛

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.