腰痛 豆知識

ぎっくり腰でも使える!腰にやさしい立ち座り

投稿日:

北海道苫小牧市と白老町で整体専門整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

本日は

腰にやさしい立ち方・座り方

についてお話しいたします。

ぎっくり腰になるときでもそうですが、多くの場合、座っている状態から立とうとするとき、もしくは立っている状態からしゃがもうとしたときなどに痛くなったり、苦しかったり、痛めたりしてしまいます。

 

このほとんどの原因が、この行為自体にあるのではなくて、おおくはそれまでにした何かが腰に多くのストレスを与え続けてしまい、その行為がトリガーとして発生しているにすぎません。

 

しかし、この立ち座り方を工夫するだけで、たとえ腰に疲労が出ていたとしても、立った時、座った時にぎっくり腰などの最悪な状況になることはないでしょう。

画像をクリックすると動画が見れます

このおススメしている動作は、腰にほとんどの負担をかけないので、ぎっくり腰中(受傷後3日目くらいから)利用することが出来ますよ。

では、詳しく解説していきます。

なぜ、お尻を突き出すと腰に負担がかからないのか?

お尻を突き出すと、腰の骨(腰椎といいます)はおなか側にそることが出来ます。

腰の骨をおなか側にそると、連結がマックスまで強くなり力に対して強力な力を発揮します。

その最も連結の強い状態で、立ち上がりすることで、腰の関節やその周辺の筋肉を守りながら立ったり座ったりすることによる腰への負担がなくなります。ただし、この状態で重量挙げの様なさらに負荷が大きくなるような競技は、重力よりもその重量に耐えかねて痛めてしまう可能性があります。たしか、超硬いコルセットを着けて協議しているはずです。

 

お尻を突き出して、これに加え胸を張ることにより、骨盤も立てた状態をつくることが出来るので、腰~股関節~背骨が良い姿勢の状態を作り出せるので、立ち上がるときの負担を足の方へ逃がしさらに腰恵の負担を減らしていきます。

最終的には下図のようにスクワットしている時のようなフォームになります。

この格好で立ち座りするイメージを持つとわかりやすいと思います。

 

負荷がかかる場所

このフォームでの立ち座り動作の時に、今まで腰にかかっていた負荷はどこに行ってしまったのでしょうか?

 

全く、なくなるわけではありません。悪い姿勢での立ち上がりで腰にかかるべき負荷をどこかが代わりに担っていることになります。それは・・・

 

ふともも(前側)です。

 

ふとももにほとんどすべての負荷を集中させる事により、腰にかかる負担をゼロにしています。

太ももに負荷がかかる事への大きなメリット

毎回、太ももに負荷をかけながら、立ち座りしていると太ももの力が強くなって筋肉がついてきます。

 

そうすることで、多くの恩恵を受けることが出来るようになります。それは・・

  • 立っているときに膝をしっかり伸ばすことが出来るようになるので、良い綺麗な立ち姿勢を作りやすい
  • 歩くときに、膝の骨への衝撃を吸収してくれるので、骨へのダメージが少なく変形しにくい
  • 人体で最も大きく、太い筋肉なので、そこが発達することにより発熱量(代謝量)が大幅に増加し、痩せやすく太りにくくなる

などの様々な恩恵を受けることが出来ます。

 

まさしく、このフォームで立ち座りを続けることは、①腰に負担をかけない、②太ももの筋力アップになる、という一石二鳥の効果が生まれますので、ぜひやってみてくださいね。

 

やってみるとわかりますが、非常に腰が楽なので病みつきになります。最初は、周りの目が気になりますが・・・・、腰の為ならそんな事お構いなしです! 

-腰痛, 豆知識

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.