クセ・習慣 腰痛

なぜ、腰痛は痛みが何年も続くのか?

投稿日:

こんにちは!

 

北海道札幌市中央区南24条で腰痛・足のしびれ専門整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は、

腰痛が慢性化してしまう原因について

お話しします。

 

慢性的な痛みって(腰痛だけに限りませんが)なぜ、何ヶ月も何年も続いてしまうのでしょうか?あなたは、疑問に思ったことはありませんか?

 

 

捻挫だって、きちんと治療すれば1か月もしないうちに痛みがなくなります。ですが、腰痛や頭痛はそうはいかないですよね。

 

 

どうして数週間で治らないんでしょうか?(治療家になる前は本当に不思議でした。)

 

 

最初私は、「庇う(かばう)」というシステムが関係しているのだと思っていました。

 

 

「庇う(かばう)」というのは、痛みが長期化する事で痛みの内容がどんどん複雑化していくシステムの事です。

 

 

どいういう事かというと、例えば、右の腰が痛いとなった場合、右の腰に負担をかけないように左側に体重をかけようとします。

 

 

左側にだけに体重がかかると左の膝や首に負担がかかってきます。そうすると膝や首が辛くなってきますよね。そして、体はさらにその膝や首に負担がかからないように、別のところで補おうとするので、別な所に負担がかかって・・・・。

 

 

と、いうようなシステムが常に働いています。痛みを減らす、治すという意味では大変優秀なシステムです。この優秀なシステムが症状を複雑にしてしまうという意味では、結構アダになってしまいます。

 

 

ですが、そうなっていくと最初の痛みってなくなってくるはずですよね。最初に痛みに対して全身がフォローするのですから、痛い場所は治ってくるはずです。では、どうして痛み続けるのでしょうか?

 

 

実は、その痛みがずっと続くには、もうひとつ別な理由があるのです。

 

 

気になりますよね。では、動画を見ていきましょう

jxMVO8qvHZc

画像をクリックすると動画が見れます

 

腰痛の原因がわかることで

 

動画でも話ししたように腰痛が長期化してしまうのは、腰痛になってしまう原因を除去できないからです。

 

例えば右足を組んで座る癖があった場合、座ってる時間はずっと左の腰に体重がかかることになります。

 

そうなることで左の腰が痛くなるのですが、右足を組んで座るというのが腰痛の原因だということに気が付かなければ、どんなにいい治療をしても、ヨガをしても、運動をしても、結局、その足を組むという癖を直さない限り、左の腰に負担をかけ続けていることには変わりがないので、痛みが良くなる事はありません。

 

 

負担をかけ続けているものを除去できなければ、その腰は痛みを解決することはできません。

 

 

長期化した腰痛を治すには、日常の中に隠れている、原因をしっかり突き止める必要があるのです。

 

 

痛みの原因が明確になれば

痛みの原因がはっきりするとどうなるのでしょうか?

 

 

痛みの原因が明確になれば、意識的にも、無意識的にも、やることがはっきりします。慢性化した腰痛を直そうって言うスイッチが入るんですね。

 

例えば、先ほどの例を挙げるとしたら、左の腰が痛くなる隠れた原因が右足を組む習慣からきているのが、はっきりした場合、右足を組まないように努力するでしょう。

 

もし、無意識で組んでしまったとしても、ある程度時間が経つと「はっ!」となって足を組むのを辞める事が出来ます。

 

 

自分の明らかなマイナスになる行動を起こさなくなるんですね。

 

 

そうなってくれば、比較的早期に腰痛を治すことができるし、原因が分かっているので再発もかなりしにくくなるということなります。

 

 

ただ楽になった途端、元の癖に戻ってしまったら再発しますが・・・

 

手術は腰痛の原因を取り除くわけではない?

もし、あなたが腰痛で病院に行って行って手術を勧められたとしたら、あなたは気軽にその手術を受けることはできるでしょうか?そうは、行かないですよね。

 

手術を受けて完全に良くなるというのが、はっきりしているなら受けてもいいですが、現実問題そういうわけにも行きませんよ。

 

 

なぜかと言うと、先ほども述べましたが腰痛の原因はあなたの習慣や癖というものが関わっています。たとえ手術したとしてもその習慣や癖を直さない限り治らないんです。

 

 

手術は 解剖学的に逸脱しているもの、例えば、飛び出てるとか、減っているとか、変形しているとかというものに対して形を整えていくものが手術です。

 

 

形を整えた所で、痛みの原因が他の所にあったら、必ずしも痛みの除去になるとは限らないんですね。それをみんな潜在的に知っているから、気軽に応じる事が出来ないんですよ。

 

腰痛の原因を導き出すには

 

では、腰痛の原因をどのように導き出すのでしょうか?ただ、考えてるだけでは、頭がごちゃごちゃになってしまって結局 出てきませんよ。

 

 

そうならないために、あなたにとっておきの方法をお教えいたします。それは・・・

 

 

紙に書き出すということ(think On paperというそうです)です。

どのように書き出すかと言うと、一番最初に「腰痛の原因は?」という風に題名を書きます。

 

そして、自分の中で思い当たる原因をどんどん書き出して行ってください。そうするとぼんやりと見えてきます。そして今度は、時系列で自分がどのように過ごしてきたかというのを書き出してください。そうすることで、これが原因だったのかというのが明確に導き出されます。

 

まさか?とお思いのあなた!ぜひやってみましょう。結構出てくるものですよ。

 

 

もし、あなたの腰痛の原因がわかったとして、どのように対策したらいいかわからない、もしくは、症状が強すぎる場合は、専門家(腰痛専門の整体院や治療院など)にお任せした方がいいかなと思います。

 

 

腰痛専門の整体院や治療院はかなり増えましたからね。それだけ、需要が多いという事なんでしょうね。

 

 

ただ、気を付けていただきたいのは、症状が強いからといってすぐに手術を適用するわけではない、ということだけは覚えておいてください。

 

 

手術したのに、結局治らなかった・・・。

 

 

という方が多いのはやはり、原因から突き止めて解決していないからということになります。なので、手術するにしても、しないにしても必ず原因は突き止めてください。

 

 

ここまで読んでいただいたあなたなら、できるはずです!ぜひ原因を突き詰めて慢性化した腰痛を治していきましょう!応援してますよ。

 

 

では、また。

 

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?

 

ご提案はこちら

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

 

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.