ストレッチシリーズ

ストレッチ後に痛くなる?原因はコレ

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

ストレッチ後に痛くなる3つの原因

についてお話しいたします。

今回の内容は、長年ストレッチをライフワークとしている方には参考にならないかもしれません。どちらかといえば、最近ストレッチを始めたけど、ストレッチした後なぜか痛くなる人用の内容です。

 

あなたは、生活の中にストレッチをとりいれていますか?

 

生活の中にストレッチを取り入れると、気分転換や体のリフレッシュ、怪我の予防など多くの効果がありますね。マッサージに行くよりもよっぽど体にいいのですが・・・、

 

ストレッチした後に痛くなる日が続いて、それが原因で辞めちゃった人が、いるのではないかと思います。

 

ストレッチした後に痛くなる人は、やっているストレッチすべてが悪いわけではなく、今の時点でどのストレッチが自分に合っていないのかを知ることによって、痛くなるのを防ぐ事が出来ます。

 

ですが、なかなかそれを判断するのは難しいと思います。

 

そこで、今回お伝えするこの3つの原因を知ることで、どのストレッチが今の自分に合っていないのかを発見するヒントになると思います。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

3つの原因

それでは、3つの原因についてお話しいたします。

 

1、何かが間違っている

 これは、主にやり方の事を指します。ストレッチは角度が非常に重要で角度を間違えると、他の所が伸びてしまったり、関節を痛めてしまう可能性があります。あと、もう一つ言えるのが目的が間違っているという事。ここの筋肉を伸ばしたいのに、全然違う筋肉に対するストレッチをしてしまっては、効果はあっても別の所に働いてしまいます。

2、強すぎる

 これは、強くやればいいと誤解している方に多いですね。筋肉の伸び率は人により様々です。経験年数によっても違います。痛みが強く出ているのに構わず、グイグイやってしまったらそりゃ、痛めますよ。急がば回れです。

3、関節が硬い

 筋肉が柔らかくても、関節が硬かったら、うまく伸ばすことができません。伸ばそうとすると関節にロックがかかってしまい、別の所が伸びてしまう結果になります。もしくは、無理やりやって捻挫という事も起きてしまう可能性があります。

 

いかがですか?もし、あなたがストレッチをした後に痛みが出ているのであれば、この3つの原因がありますよ。

どうしたらいいの?

では、どのようにしたらどこも痛くならずに、ストレッチを進めることが出来るのでしょうか?それは、

 

末端(手首、足首)から始める事

 

そうなんです。いきなり大きなところをやるんじゃなくて、体の先端から始めていくのです。大体の筋膜は手足を終着としています。先に手足を緩めてから、ストレッチを開始すると非常にスムーズに進めることが出来るんですね。

 

あと、末端から始めることによって、自分の体の問題点が見えてきます。

 

「ここはいいけど、ここは伸びずらい」というのがはっきりしてきますね。

いつもより、時間がかかるんじゃない?

確かに、手首、足首から始めると通常のストレッチよりも時間がかかるかもしれません。ですが、終わった後の痛みを我慢することを考えると、少しぐらい時間をかけたほうが安全ではないでしょうか?

 

あの、超一流のイチロー選手だって、いまだにストレッチに3時間かけているという話ですからね。

 

ストレッチ後に体のどこかが痛くなる人は、ぜひ末端から始めてみてくださいね。今まで以上に体を柔らかくできますよ。

 

もし、あなたがこれを実践して、ストレッチ後の快適に過ごせるようになったらこの内容をお友達にも教えてあげてくださいね。きっと喜ばれますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-ストレッチシリーズ

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.