肩こり、頭痛 背中 腰痛

パーキングエリアで簡単に腰の疲労をとるストレッチ

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

パーキングエリアで出来るお手軽なストレッチ方法

をご紹介いたします。

運転はやっぱり、腰にきますね。しかも、距離が長ければ長いほど、同じ時間で座っているので、腰への負担が大きくなります。

 

人によっては、目の疲労か肩こりや眠気などの方が先におこるかもしれませんね。

 

そこで重要になってくるのが、こまめな休憩

 

一般道だったら、コンビニや道の駅、公園の駐車場なんてのもありです。ちょっと疲れたらちょくちょく休めます。しかし、高速道路の場合は、パーキングエリアしかありません。

 

北海道は、おおむね25㎞おきにあるそうですが、場所によっては50㎞離れている所や、150㎞も離れている所もあるそうです。(詳しくはこちらを→参照元:wikipedia

 

高速道路での走行の場合は、パーキングエリアを有効に使って、十分な疲労回復を行う必要があります。

 

寝るというのも必要な選択肢ですが、ストレッチというのも非常に効果があります。

 

あなたは、パーキングエリアでどのように過ごしますか?

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

運転中、疲れるところは?

運転中に最も疲れるところ、それは、目です。

 

ま、当然と言えば当然です。時速約100㎞の速さで移動し続けるのですから、常にいろんな方向に意識を集中させなければいけません。その中で目が使う役割はもっとも重要と言えます。

 

次に、疲れやすい所、それは腰です。

 

移動中は常に座っている状態です。座席の設定法にもよりますが、座り方によってすぐに腰が痛くなる人も出てきますね。

※座席設定などについての記事はこちら

【車】腰の良い運転席の座席調整法(座席編)

【車】腰に良い運転席の座席調整法(シートの位置編)

目などが疲れてくると、アゴが上がってきて眠気につながります。そうなってくると居眠り運転になってしまい大変危険です。

パーキングエリアでするストレッチ

まずは、伸びですね。

伸びをしてろっ骨や腹筋を動かし、酸素をたくさん取り入れてください。酸素を取り入れることで、頭も目もスッキリしてきます。

 

次に腰のストレッチです。

腰のストレッチはあるものを使います。それは、パーキングエリアにあるこれです↓

名前はわかりませんが、この車の侵入を防いでいるこの棒を使います。

そして、この棒に足をかけて、胸を張りながら体を前に倒していくとおなかの前の方がストレッチされます。

図のような感じになります。腰に手を当てるのが意外と重要です。骨盤を前にある状態でロックできます。

 

勿論、そのほかのストレッチも有効ですが、これを加えることにより座っていることで最も短縮してしまっている筋肉を伸ばすことができるので、腰の疲労が最も取りやすくなります。

 

周りにやっている人がいなくて、少し目立ちますが大変有効なストレッチになりますのでやってみてくださいね。

-肩こり、頭痛, 背中, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.