腰痛 豆知識

(図解)ヘルニアってどうしてなるの?

投稿日:

どうも!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は

ヘルニア(椎間板)はどうしてなるのか?

についてお話しいたします。

腰が痛くて、病院に行くと「ヘルニアが原因ですね~」という診断を受ける方が多いと思いますが、私からすると、そんなに多い訳がない!と常々思っています。

 

しかも、痛みが強かったら手術しましょうね~なんてもってのほか。

 

手術の目的は、そこなのか?と疑問に思ってしまいます。

 

それは、さておき。

 

今回は、どうしてなるのか?に焦点を置いての説明です。このどうしてを知っているとヘルニアが回避しやすくなります。

 

いくら、腰痛の原因にヘルニアがないとは言え、ヘルニアがひどくなるとおしっこがしづらくなったり、片方の足が細くなってしまったり、動きが悪くなったりという、大変危険な事も起こりえます。そうなってしまうと緊急手術が必要になってしまい、将来にも影響を及ぼしてしまいます。

 

さらに、なぜそうなるのかを知らないと、手術を繰り返し受けなければいけない可能性が・・・・

 

そうならないためにそのメカニズムを知っておいてください。

画像をクリックすると動画が見れます

 

解説していきますね。

 

ヘルニアになりにくい背骨の状態

ヘルニアになりにくい背骨の状態とは、適度に均等に反っていること。

図のように適度に反っていると、体の中心の線(重心線)がちょうど、3番目の腰骨(第3腰椎)の真ん中を通ります。そうするなることによって、腰の骨は上からの重力からも均等に保たれ、後ろの関節(赤い←)がしっかりかみ合っていることで、強固になります。そして、重力がしっかり逃げるため、椎間板への負担が一番少なくなります。

 

ヘルニアになりやすい背骨の状態

ヘルニアになりやすい背骨の状態は、重心線より後ろに曲がっていること。

図(ちょっと大げさに書きました)を見ていただくと、真ん中の重心線よりも腰の骨が後ろにあります。この事によって、力の均衡が保たれなくなり、背中の方へ逃げていきます。力が逃げていくと、腰の骨1つ1つが反対に傾き始めます。そうなることによって、椎間板の前の方に上からの圧力がかかり、後ろへと逃げて行ってしまいます。

 

この状態が、長期間に及ぶと、椎間板を元の位置に戻れず、後ろに逃げ続けるため後ろにある空間へ飛び出してしまいます。それが、椎間板ヘルニアと呼ばれるものになるのです。

 

余談ですが、こうなるためには、長い時間を要します(ただし、しりもちなどの強い力が働いたときは、もしかしたらあり得るかも)。この事を考えても、今日、腰が痛くなったからそれは、すぐにヘルニアが原因ですねとはいかないのです。

 

こうならないためには?

普段の姿勢を見直すことです。

  • 歩くとき
  • 車を運転している時
  • 座っている時
  • 寝ている時
  • 仕事をしている時

など、考えてみて、自分が、一番悪い姿勢(腰が曲がっている姿勢、猫背になっている姿勢)どの動作、姿勢の時になっているのか?また、その姿勢を維持している時間がどれが長いのかを探してみてください。

 

それが見つかったら、それを改善する努力をしましょう。そうすれば、おのずと良い姿勢になります。

 

良い姿勢になれば、腰への負担がへり、椎間板ヘルニアはなくなっていくでしょう。 改善策の具体的な方法については、また後日説明しますね。

-腰痛, 豆知識

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.