ストレッチシリーズ 肩こり、頭痛 背中

仕事の合間にほんの数秒で背中と肩をスッキリさせる方法

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

仕事の合間にできる場所をとらない背中の疲労取るストレッチの方法

ご紹介したいと思います。

以前も似たような事をお伝えしましたが、今回のストレッチはもっと場所を取らない方法です。

関連記事:【デスクワーク】背中の疲労をその場で一瞬でとるストレッチ

 

仕事に集中して取り組んでいると、どうしても背中が辛くなってきますよね。時間とともに筋肉が硬くなってきて、背中がしんどくなり、肩こりや人によっては頭痛、腰痛に悩まされてくるのではないかと思います。

 

そんなってくると背中や肩こりが気になって、作業効率が悪くなってしまいます。集中力も格段に落ちてきますからね。

 

そんな時はその辺を歩いたりするのがいいのですが、なかなかそうはいかない場面も多いですよね。その辺を歩いたりする時間も惜しい場合にこのストレッチが効果を発揮します。

 

もしかしたら、中にはこんなストレッチする暇なんてないよ!とおっしゃる方もいるかもしれんせんね。

 

ですが、無理して続けて効率をどんどん落としてしまうよりも、ほんの少しの時間を自分の体の為に使ってリフレッシュさせた方が、作業効率は何倍も上がります。

 

よく仕事で背中が疲れて、作業効率が落ちてくる方には大変おすすめです!

JTaTUKWAdVw 画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

肋骨と背中の疲労の関係

なぜ、肋骨が硬くなると背中が辛くなるのでしょうか?

 

上半身の半分以上を占めているのがろっ骨です。

 

これだけでも、ろっ骨が上半身に及ぼす影響が想像つくと思います。例えば、ろっ骨に数ミリのひびが入っただけで、体を伸ばすことも、まともに深呼吸することもできなくなります。

 

肋骨の主な役割は心臓と肺を守る事なんですが、それ以外にも呼吸をするときに呼吸を助ける働きがあります。

 

息を吸う時に肋骨も広がってより効率的に酸素取り込み、吐くときに肋骨を下げることでより2酸化炭素を大量に吐き出すことが出来ます。呼吸とともに動いているので、ろっ骨は結構活発に動いているんです。

 

ですが、デスクワークをしていると背中を丸まりながら作業しているわけですから、それが長時間に及んでくると肋骨はうまく広がることができない状況が続きます。

 

ろっ骨が満足に広がることが出来ない状況が長時間続くと、

ろっ骨はその状態で固まってしまいます。

その方が作業効率が良くなると体が判断するからです。

 

丸い状態で固まってしまうと、今度は肋骨の重さを背中で支えなくてはならなくなります。作業しながらろっ骨の重さをぶら下げて支えているような状態になってしまうんですね。

だから、背中や首が疲れてくるのです。

 

それに加え、ろっ骨を動かなくすることで、酸素を取り込む量を減らしてしまっています。脳への酸素供給が難しくなってしまい、頭がぼーっとしてきます。

 

ほんとに人間の機能は凄いですね。作業効率化するために自分が取り込んで酸素の量すら減らしてしまうのですから。

 

やってみましょう!

図のように頭の上で手を組んでもらい上半身を起こしていくわけですが、もし手が上がらない場合は前で手を組む形でも同じようなことができると思います。

まず頭の後ろに下げることで軽く上半身を反ります。その後、左右斜め後ろ、その後左右斜め前という感じで全方向に伸ばしていきます。

そうすることで、ろっ骨全体をストレッチして柔らかくしていきます。ろっ骨が柔らかくなることで、酸素取り込みやすくなっていきますので、背中と肩もかなりスッキリし、頭もクリアーになっていきます。

 

やってみた感じどうでしたか?すっきりしてきたでしょ。

 

いいなと思ったら、早速仕事の合間にこのろっ骨のストレッチを取り入れてくださいね。

 

やったみた方わかると思うんですが、たったの数十秒です。この数十秒で背中、肩、頭がスッキリするんであれば儲けもんですよね。ぜひチャレンジしてください!

 

この効果を実感できて、仕事の効率上がったのであれば、この内容を友達にも教えてあげてください。きっと喜ばれると思いますよ。

 

では、また。

 

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-ストレッチシリーズ, 肩こり、頭痛, 背中

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.