クセ・習慣 自律神経

【簡単】寝る前にプチ瞑想で姿勢改善しませんか?

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

本日は

プチ瞑想による姿勢改善

についてお話します。

なんじゃそりゃ?と思う方もおられるかもしれませんね。

 

しかも、なぜプチなんだよ?っていう感じですよね笑

 

なぜ、プチかといいますと私がそこまで瞑想について詳しく知らないからってのもあります。ただそこまで詳しく知らなくても、ある程度の瞑想で十分に姿勢が改善されるからプチという形にしました。

 

普段の日常生活で、自分が思っている以上にかなりの緊張状態のまま生活してるんです。それが習慣となってしまうと緊張状態が当たり前と言う状態を作り出してしまいます。

 

それが毎日続くことによって、緊張を解くことが出来なくなってしまうんですね。

 

緊張を解くためには、気を沈める時間、リラックスする時間というのを意図的に作って上げることで、緊張を解くことが出来ます。緊張を解いて上げることで、姿勢が本来あるべき場所、一番体の機能を発揮できる場所を取り戻すことが出来るんですね。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね

なぜ、瞑想で姿勢が変わるのか?

先ほどもお話ししたように、プチ瞑想すると気を鎮める効果があります。気を沈めると何が起きるかというと、

 

余分な力が抜けるんですね。

 

姿勢を作っている多くのものは骨の歪みによるものと考えられがちですが、骨のゆがみを作っているのは、筋肉の緊張によるものがほとんどです。

 

プチ瞑想をして、気を鎮め体の余分な力が抜けることによって、体が自然とあるべき位置に戻っていくということがいえるんですね。

注意する事

ただ、これは闇雲にやればいいってわけではありません。

 

最初に瞑想を開始する姿勢っていうのが非常に大事になってきます。

 

座ってプチ瞑想をする場合、しっかりと骨盤を立てて座るということが非常に重要になってきます。座り方は、椅子でもいいですし、あぐらや正座でも構いませんが、骨盤を立てるという事は忘れないでください。

この時点で間違って開始してしまうと、途中から体がしんどくなってしまいます。姿勢が崩れていってしまうためです。

 

身体が硬く骨盤を立てることができないのであれば、硬い床に仰向けに寝ると言うのもありです。その際、注意しなければならないのが、顎を引いて後頭部を床につけると言うことです。

どちらの開始姿勢でも構わないので、瞑想を開始するときの姿勢は必ず守ってくださいね。

実際にやってみましょう!

では、やってみましょう!

 

座っても仰向けに寝ても構いません。その状態で、呼吸に意識を集中してください。

 

暫くしていると、体がどんどんリラックスしてくることがわかるかと思います。色々なことなどが頭に浮かんでくると思いますが、それは無視してください。呼吸に集中します。

 

そして、体に意識を向けると、体の緊張が取れてくるのを感じ取ることが出来るようになります。

 

どうでしたか?上手くできましたか?

 

このプチ瞑想は、1日の終わりの寝る前に行うと非常に良いです。

 

緊張を取り除いた状態で睡眠に入ることが出来、朝もスッキリ起きることが出来るようになります。い状態で一日をスタートできるので大変有効ですよ。疲れを翌日に持ち込まないという意味でもいいですね。ぜひ、日ごろの習慣に取り入れてみてください。

 

もし、あなたがこの方法を生活習慣の中に取り入れて姿勢を改善できて、体が調子良くなったと実感できたらこの内容お友達にも教えてあげて下さいね。とても喜ばれると思いますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, 自律神経

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.