豆知識

湿布の正しい使い方教えます

投稿日:

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は、

湿布の正しい使い方

についてお話しいたします。

なぜ、このお話をするかと申しますと、ほとんどの方が使い方を間違っているからです。

 

一昔前、シップは万能薬のように扱われていました。

 

病院では、山のようにもらい(この時点でおかしい)、とにかく痛い所に貼れば治ると思って貼ってしまう。さらに、痛くなるかもという安心感?で貼ってしまう・・・・。おいおい、それはおかしいだろう。

 

最近は、国から病院の方でも湿布を処方する量を制限されているようですw

 

ドクターですら、患者の言いなりってことなんですかね~。かなしい・・・・。

 

画像をクリックすると動画が見れます

 

詳しく解説していきますね。

湿布本来の役割

これは、動画でもお話した通り、熱を引かせる作用があります。

 

人体が、ある部分に熱を持つ場合

  • ぶつけた(打撲)
  • ひねった(捻挫)
  • 筋肉を傷つけた(肉離れ、激しい筋肉痛)

ぐらいです。いわゆるその場所に炎症を起こしている状態です。

 

炎症を起こしている状態というのは、

  • 腫れている
  • 熱をもっている
  • 押したり、触ったりすると痛い
  • 一定の動きで痛む
  • 内容によっては拍動(脈を打つ感じ)を感じます 

と、いう事です。

 

湿布は、その熱(炎症)を 引かせる作用が本来の使い方です。本当は、氷などでずっと冷やさないといけないのですが、そうもしてられないからという理由(動かないといけませんからね)で開発されたのでしょう。

 

それ以外は、ほとんど意味を成しません。※最近、痛みをマヒさせるような強力なシップが市販薬でもありますが、それはまた別の恐ろしさがあります。

 

湿布をするとなぜ、痛くないような気がするのか?

 

これは、皮膚に何かが張り付いているという安心感なのではないかと思います。

 

スキンタッチといって、人は触れられることで安心するホルモンを分泌します。それを赤ちゃんの頃から身についているので、その部分が鈍痛などで安定性がなく、その部分が不安な状態の時に、薄い何かを貼られることで安心感が生まれるのではないかと思います。

 

もう一つあります。それは、皮膚の緊張を作り、その皮膚を動かさないようにすることで、そこの組織を安静にできる、と、いう事が考えられます。

 

皮膚というのは、皆さんが思っているよりも大変精密な感覚をもっていて、外のありとあらゆるデーターを内部へ送ります。

例として挙げるとすれば、気圧。

気圧の変化ってなぜかわかりますよね。数字で表されてるわけでもないし、目で見えるものでもないのに。

 

他には、他人の気配。後ろからの気配が・・・、と、いうのはもうどうにも説明しようがありませんね。

 

このように、ものすごい精密にできています。

 

その皮膚に、一枚のシップを貼ることで、そこにある組織すべてを固定できてしまうのもうなずけてしまいます。

 

湿布を張り続けてしまう事への人体の悪影響

必要でもないのに、シップを貼り続けてしまうと体へ悪影響を及ぼしてしまいます。

1、皮膚の硬質化

 皮膚の遊び(伸びたり、縮んだり)が無くなって、その部分の皮膚間隔が鈍感になってしまいます。その上、その周辺の筋肉までもが硬くなってしまいます。また、その部分の遊びがなくなることで、その緊張感が全身に波及してしまい、別の場所の機能に影響を及ぼしてしまいます。

 

2、皮膚の栄養状態の悪化

 その部分が硬くなると、その部分にだけ、血液の通りが悪くなり栄養状態が悪くなります。最初のうちは無理に新陳代謝を上げようと、垢が頻繁にでたり、かゆくなったりするのですが、それでも長期に貼ってしまっていると、その部分は壊死(細胞が死んでしまう)してしまいます。膿んでいる状態と言った方がわかりやすいでしょうか?

 

以上の様な悪影響を及ぼしてしまいます。本来体にないものを貼り続けてしまうから、無理もありませんが。

 

最後に超強力な鎮痛作用のはいったシップについて

これは、炎症があるなし、どんな痛みなのかも関係なしに痛みをマヒさせてしまいます。

 

炎症を沈めることもできるかもしれんませんが、その痛みがどんな痛みで何が原因なのかも消し去ってしまう可能性がものすごくあります。そして、それをはがすとまた痛む・・・。

 

原因そのものが、解決していないので、ずっと痛いままで、ずっと張り続けていかなければいけません。そうなれば、上記のような人体への悪影響を誘発させてしまいます。ほんとうに恐ろしいのです。

 

使うなとは言いませんが、十分に気を付けて使ってくださいね。

以上がシップの本当の使い方になります。皆さんもちゃんとした知識をもって湿布を使えば、シップの使用量は激減するでしょう。使用量が激減すれば、国民医療費もぐっと抑えられ、みんなが豊かになりますね。

-豆知識

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.