姿勢 猫背 腰痛

猫背からくる腰痛の意外な治し方

投稿日:

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は、

猫背からくる腰痛の意外な治し方

についてお話しいたします。

猫背と腰痛はワンセットみたいなもんですが、原因によって対応方法が違ってきます。

猫背からくる腰痛なのか、腰痛による猫背なのか、この2つを取ってみてもどっちからどっちのどっちからを先に良くしないと次のどっちが良くなりません。

 

猫背からくる腰痛ならば、猫背を先に良くしないと腰痛は良くなりませんし、腰痛による猫背の場合は腰痛を先に良くしないと猫背は治りません。

 

そこで、今回は猫背からくる腰痛について、その意外な改善法をお伝えしていきます。

 

画像をクリックすると動画が見れます

 

解説していきますね。

そもそも猫背はどうしてなるのか?

あなたは、どうして猫背になるのか、疑問に思ったことはありませんか?

 

猫背にも猫背になる原因があるのです。その原因の一例をお話しいたします

  • 座り方が悪い
  • 胸にコンプレックスがある
  • 内向的
  • 顔を見られたくない
  • 目を見てお話しするのが苦手
  • 内科的な問題
  • 手術歴がある

などの原因が考えられますが、おそらく多くが座り方が悪い(しかも幼少期から)ではないかと思います 

 

なぜ、猫背から腰痛になるのか?

これは、背中が丸くなってしまうと、重心が後ろに傾いてしまいます。そのため、立っていることが困難になってしまい、体のあらゆるところがその代りを務めようとします。

 

その結果、腰から足にかけて、重心を前に持ってくるため、膝を前に突き出す事によって重心を安定させます。

 

膝を前に突き出し続けることを可能にするために、骨盤は後ろに傾き腰の骨が普段とは反対のわん曲(うしろわん曲)を作ってしまいます。後ろわん曲になることで、体重を支えたり、歩く衝撃を吸収する役割を一手に腰が引き受けてしまうのです(本来なら体全体でカバーしています)。

と、いう事で猫背を改善しなければ腰への負担がなくならないことがわかっていただけたと思います。

 

猫背改善に深呼吸を使う理由

 

猫背は首の下の骨から始まります(胸椎ーきょうついーといいます)。

 

首の下骨から大きく後ろにわん曲するわけですが、その胸椎に直接かかわっているのが、ろっ骨です。

 

ろっ骨の役割は、肺や心臓を外から守る以外にも呼吸を助ける動きをします。深呼吸すると胸が大きく膨らみますが、それがろっ骨の動きを表しています。

 

猫背の方の多くは、その長い姿勢のせいでろっ骨が硬くなっていると言われています。そこが硬くなると自然と呼吸が浅くなってしまいます。

 

今回はそれを逆手に取ります。強制的に深呼吸を作り出すことで、ろっ骨を強制定期に大きく動かし、ろっ骨を柔らかくしていきます。これを繰り返すことにより、ろっ骨が引きあがりやすくなり、それにより胸椎が前の方へ動きやすくなり、猫背が改善しやすい環境を作り出すことが出来ます。

 

そうすると、骨盤が立ちやすくなるので、いい姿勢を作り出すことが可能になり腰の負担がなくなっていきます。

 

勿論、ひどくなった猫背は深呼吸だけでは足りません。しかし、深呼吸が出来るようになるとそこから先の事がどんどんできるようになるのです。猫背からくる腰痛治療の効果的な第一歩となります。

 

このように、原因がはっきりすることにより、やる事、目的が明確になるので改善へのスピードが大幅にアップします。

-姿勢, 猫背, 腰痛

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.