クセ・習慣 セルフケア 猫背

猫背の人は深呼吸できない

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は、

呼吸を使った猫背改善法について

お話ししていきたいと思います。

呼吸で猫背を改善?

 

あなた、今「ん?」って思いましたね。結構、猫背と呼吸って関係が深いんですよ。むしろ、かなり大事だと言ってもいいくらいです。

 

猫背の人の特徴としてまず、挙げられるのは肋骨の硬さにあります。

 

肋骨が硬くなることによって、うまく開くこと、持ち上げることができずに猫背を作ってしまいます。

 

猫背には、骨盤や首、頭、アゴの問題など、いろいろな原因があるのですが、それらをいい状態に戻す事ができても、最後に肋骨がうまく開くことができなければ、猫背をなかなか改善することができません。それぐらい重要な所です。

 

では、肋骨が固いとどうなってしまうのでしょうか?

 

そうです。呼吸が浅くなってしまうんです。

 

呼吸が浅くなることで、よりろっ骨を硬くてしまい、さらに呼吸が浅くなる・・・・、と言う悪循環を作ってしまいます。

 

また呼吸が浅いことで、ろっ骨が硬くなるほかに・・・

・集中力の低下

・感情の切り替えがうまくできない

・基礎代謝力の低下

・運動能力の低下

など、様々な弊害を起こすことで知られています。全くと言っていいほど、いい事がありません。この機にぜひ、この呼吸法で、ろっ骨を柔らかくして猫背を改善していってもらいたいと思います。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね 

呼吸を改善することで・・

先ほども述べたように呼吸が浅いとデメリットが多くできてしまいます。逆に呼吸法をちょっと意識して改善することにより、それらのデメリットを改正することが可能になります。例えば・・・

・気分の転換を容易にする

・集中力の増加しやすくする

・基礎代謝量の増加

・運動能力の増加

・肋骨が柔らかくなり胸を開きやすくなることにより、肩こり、頭痛、腰痛の改善

など、たくさんのメリットを得ることができます。呼吸法は簡単に行うことが出来るので、ぜひ身に付けておくべきです。

 

特に猫背の人は、深呼吸をする習慣があまりありません。

 

この呼吸法を知って、深呼吸を取り入れることにより、猫背改善の大きな一歩を踏み出すことができますよ。

 

やってみましょう!

腕を使う意味

別に、深呼吸だけなら腕を使わなくてもいいじゃん、って思うかもしれませんが、これを使うことによってより効果的に肋骨を動かすことができるんですよ。どういう事かと言いますと、

 

てこの原理を利用します。

 

特に呼吸が浅く、肋骨が硬い人は、自力で肋骨を開いて深呼吸っていうのが思った以上に難しいのです。

 

そこで、腕を利用し腕を動かしながら深呼吸をすることで、肋骨を半強制的に理想の方向へ動かすことが可能になるのです。

では、やっていましょう!

・腕をまず斜め上の方へ持っていきます。

息を吸いながら腕を後ろに持っていきます。まっすぐ斜め後ろにもっていく感じですね。

・最後に息を吐きながら腕を音の斜め上の最初の位置に持っていってあげる、という感じです。

簡単ですね。この時、骨盤の動きを取り入れてやるとさらに効果があります。

 

実際やってみるとわかると思うんですが、普段取り入れる事のない空気量を取り込むことができていることに驚くかもしれません。

 

これを、数回繰り返していくと頭がすっきりし、体が温まってきます。

 

特に、猫背でお悩みの方は、これを1日数回繰り返してやっていください。それぐらいやらないと、ろっ骨を柔らかくすることが出来ません。肋骨がある程度柔らかくなれば、わざわざ腕を使わまく手も、自然と深呼吸がうまくできるようになります。

 

猫背でお悩みの方以外でも、自分が呼吸が浅いかなと思っていた方は、この呼吸法を取り込むことにより、効率的に酸素を大量に取り込みやすくなりますのでオススメですよ。

 

もし、あなたの周りでも猫背でお悩みで、「この人、呼吸が浅いな~」と思われる方がいましたら、この方法教えてあげてください。その方も非常に喜ばれると思います。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, セルフケア, 猫背

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.