クセ・習慣 姿勢 肩こり、頭痛

眼精疲労による肩こりって治るの?

投稿日:

肩こりはどうしてなるのか?このどうしてがわかれば、あなたは長年の悩みの種である肩こりを解消する事が出来るかもしれません。

 

 

今回は、肩こりシリーズ第2弾です。

 

 

前回、肩こりの原因についてお話しましたね。

 

まず、目の疲れに対する肩こり

2番目、筋肉の持続的な緊張による肩こり

3番目、精神的なストレスによる肩こり

そして、最後にプライベートで姿勢不良によるの肩こり

 

 

以上の4つが主な肩こりの原因として考えられるというお話をしました。

 

 

今回から、それぞれの解決法についてお話していきます。まず、第1弾!

 

 

目の疲れによる肩こりの解消法

です。

 

眼精疲労による肩こりで悩む方はかなり多いですよね。年々増加傾向にあります。あさひ治療院に来られる方でも、「最近肩こりが酷いんですよ。眼精疲労のせいだと思うんですけどねw」とおっしゃっている方が非常に多いです。

 

 

眼精疲労によるとわかっているなら、対策すればいいのに・・・と思いますが、具体的な対策の仕方がわからないのが現実だと思います。

 

 

では、眼精疲労による肩こりを解決するには実際どのようにすればいいのでしょうか?

 

 

そのためにはまず眼精疲労をどうにかして解決しなくてはいけませんね

 

 

眼精疲労をどう解決していくか?今回の動画でその辺を詳しく掘り下げていきたいと思いますでは動画をどうぞ

画像をクリックすると動画が見れます

眼精疲労が肩こりになるわけ

目の疲れが肩こりに直接関係する理由を話します。

 

動画でも話しましたが目が疲れることによってピントが合いづらくなってきます。ピントが合いづらくなってくると顔を近づけることによってピントを合わそうとする機能が働きます。

顔を近づけるということははたからみると猫背のような状態を作り出してしまうんですね。

 

その姿勢をやり続けることによって肩こりが生まれ、同時に首の胸鎖乳突筋という筋肉が異常に緊張してしまい頭痛の原因にもなるのです。

これが肩こりと眼精疲労の最も大きな関連性です。

 

なので、「眼精疲労からくる肩こりはどうしようもない!」ということは全然ない、ということもこの辺から分かると思います。結果的に姿勢の問題なので。

 

眼精疲労の解決策3選

では、動画でもお話しした、眼精疲労の解決法を3つご紹介いたします。目の疲労を早く解決できれば、頭が前に出ることなく良い姿勢の状態で仕事をし続けることができますからね。そうなれば、背中が丸くなることなく、肩こりを回避することができる様になります。

 

光線対策

ここ数年で一番問題となっているものですね。 そうです。パソコンやスマホから放出されているブルーライトの問題です。

ブルーライトは長時間見続けると目に非常に悪い影響を及ぼします。暗いところで見ていただくと分かるんですが目が焼けてくるような感じがあると思います。これが他の光線とはない大きな違いです 。

 

専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、光線対策をするのがいかに目を守るのかということをご理解ください。

 

具体的に何をするかって言うと、一般的なもので全然構いません。ブルーライトカットのフィルターを貼ったり、ブルーライト対策の眼鏡をかけたりという、手に入りやすいもので対策を練るといいでしょう。

 

実際対策してみるとわかるのですが、目の疲労度が全然違います!対策をしているか否かが、目を光線から守るのに重要なんですよ。

 

もし、あなたがパソコンやスマホタブレットを見る機会が、1日の中で多くの時間を占めてるのであれば、ブルーライト光線の対策は必ずやるべきです。

 

目を閉じる

目を閉じると言う行為は、目を外からの物理的刺激から守るだけではなく、目を休め疲労を取るという効果もあります。まぶた自体も血液が通っていて暖かいので血流を促す効果もあるためです。

よく目が疲れてくると眠くなるという現象があると思いますが、それは体の反応的には目をつぶって目を休ませたいと言う機能の表れです。

 

 

あれは眠くなることによって目をつぶる時間を長くしようという、体が仕掛けている行動なんですね。

 

 

おすすめなのは、定期的に目をつぶる習慣をつける事です。具体的には、何時間かタブレットやパソコンを見た後に5分から10分ぐらい目を閉じる時間を作る、という感じで決めてしまうと非常に目の疲れは取れやすく疲労も残りにくいのでお勧めです。

 

目を温める

目を閉じるこうかとちょっと似ているのですが、直接目を温めることによって血流を促進させ、目に溜まった老廃物を早期に排泄することができるので非常にオススメです。

目の疲れが溜まりすぎてどうしようもないくらいの眼精疲労にはこれが一番効果的かもしれません。これをやると非常にすっきりします。

 

具体的に、私がおススメするのが、蒸しタオルです。蒸しタオルは目を優しく温めてくれます皮膚の乾燥を防げ非常に効果的です。

 

タオルをお湯につけてもいいですし、濡れたタオルを電子レンジで軽く温めるのもアリです。

 

できれば、仕事の合間の休憩時間やることをお勧めしますが、そう言った時間や物もないと思いますので家に帰って食事をした後にこれをしてみてください。気分的にもリラックスできるしかなり快適になりますよ。

 

眼精疲労の肩こりだからと諦めずに

もし、あなたの肩こりが眼精疲労が原因だとわかっているのにもかかわらず、やり方が分からず諦めているのだとしたら、上の三つのやり方を組み合わせて目の疲労の回復に力を注いでみてください。

 

眼精疲労の肩こりも結局のところ姿勢不良から来ています。目が疲れたとしても姿勢を良い状態で維持できれば肩こり起きにくいということなので、そこを知っているだけでも全然変わってきます。

 

なので、全然諦める必要はありません。やれることは数多くあります。

 

目は非常に重要な器官です。見えなくなってしまったらこれほど怖いものはありません。目に疲労をためないようにいたわってあげてくださいね。そうすれば目の疲労が取り除かれ易くなり、肩こりともおさらばできるはずですから。

 

是非、チャレンジしてみてください!

 

では、また。

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?

 

只今イベント開催中です。上記の画像をクリックして、お得な情報をゲットしてください!

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

 

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

■住所■

札幌市中央区南24条西15丁目2-5-502

■店名■

腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院

■代表者■

櫻田淳一

-クセ・習慣, 姿勢, 肩こり、頭痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.