腰痛

立ち方で腰痛を改善する意外な方法とは

投稿日:2016年9月17日 更新日:

室蘭、苫小牧、白老、登別で唯一の腰痛専門の治療院、あさひ治療の櫻田です。

 

今回は立ち方を工夫すると腰痛を改善できるというお話しです。

 

なぜ、このお話をするかと申しますと、座っているときなんかは結構姿勢を気にする方はいるのですが、立っているときは気にしているようでも多くの方が出来ていない現状です。立っているだけで腰が痛くなる方、最初はいいけど時間が長くなると腰が痛くなる方は必見です。

 

では、どのように立つかと申しますと、今回注目すべきは膝です。

 

腰痛持ちのほとんどの方は立っているときに膝が曲がっています。膝を曲げることで腰にかかる負担をふとももの裏側やふくらはぎに分散することが出来ます。また、膝を曲げていた方が次の動作に移りやすいので、体を使った作業をする時や運動を効率よく行うときは膝を曲げておくと大変有効です。

 

ところが、この膝を曲げてという姿勢が癖になって、綺麗に立っているつもりでも膝が曲がっている(本人は意識していない)ことがほとんどなのです。これが長期間続くことで、骨への負担がかかり、変形性膝関節症や変形性脊椎症などの後戻りできない変形が形成されてしまいます。

 

早速改善策をお教えいたします。それは、

 

立っているときは膝を伸ばす事。

 

簡単でしょ。

 

ただ、意識する場所に注意が必要です。それは、大腿四頭筋(ふとももの前の筋肉)が膝を伸ばしているときにしっかり緊張しているか、つま先が前を向いているか、の2点です。この2点を意識することで、最初は伸ばしずらい膝も伸びるようになり、自然と骨盤も矯正され腰痛も改善されていきます。

※つま先が開いて立っているとふとももの筋力が効率よく働きません。おまけにお尻の筋力発揮しにくいので注意が必要です。

tumasakinoiti

皆さんもやってみてください。かなり効果ありますよ。

P.S もし、あなたがしっかり膝を伸ばして立っているつもりなのに腰痛が治らない、膝を伸ばすと腰が痛くなるというお悩みがありましたら原因は別の所にあるかもしれません。ひとえに腰痛と言っても原因は様々です。当院は腰痛改善の治療に加え、原因を明らかにして一人ひとりにあった改善策を提案いたします。もし、興味がありましたらすぐにお電話ください。1日に診れる人数はすくないです、急いでください。

お電話はこちら

tomakomai-respons2

siraoi-respons2

-腰痛

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.