姿勢 猫背 腰痛

腰にやさしい正座の仕方

投稿日:

どうも!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は、

腰にやさしい正座の仕方について

お話しいたします。

正座をすることってありますか?

 

正座は、小さい頃悪いことをしたときなどにやられた経験がある人がいるかもしれませんね。ちなみに私もよく、正座させられました(笑)

 

あまり良い記憶ない方も多い正座ですが、実は腰痛改善、腰痛予防に効果を発揮するのです。

 

ですが、座り方を間違えると、良くなるどころか逆に背中を丸めて腰を痛めてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

時代劇の役者さんの正座の仕方は本当に綺麗ですね。理想はあれです。

画像をクリックすると動画が見れます

では、解説していきますね。

 

基本は一緒です。

骨盤を立てて腰を寝かさないようにする事と胸をはり、アゴを引く事。

 

この基本を踏まえて、綺麗な正座を作っていきます。

 

正座の方法

まず、正座の恰好で座ってください。

 

背中が丸まっていますね。丸まって否かもしれないですが、自分で腰の位置を触って確認しておいてください。

 

次に、おなかを前に出していきます。

 

おなかを出す事によって、腰の位置が高くなったのが確認できると思います。もし、腰の位置が変わっていいないようでしたら、背中だけがそっているかもしれません。おなかから骨盤を前へ動かしていくイメージをもってやってみましょう。

 

それでも、ダメだった場合は、足を軽く開くとおなかを出しやすくなりますよ。

 

そして、アゴを引きます。

 

そうすることで、胸がすこーし前の方へ出るのがわかると思います。

注意!背中をそらすことに意識を集中してしまうと、反りすぎになります!そうなると、逆に腰や背中を痛めてしまうかもしれません。

 

これで、完了です。どうでしたか?うまくできました?

 

上手くできなかった方のために。もう一工夫。

 

1、つま先を立てて座ってみましょう。

  そうすることで、膝から下全体が斜面になっておなかを前に出しやすくなります。

2、足首と床の間に丸めたタオルを入れましょう

 1の時と同様に、膝から下の斜面作ることが出来ます。ですが、長時間の足首の圧迫は血行不良や神経圧迫を起こしてしまいますので、長い時間はやらないようにしてくださいね。

 

 

最初は、座高が少し高くなるし、足がしびれやすいので、生活しずらく不憫に感じるかもしれませんが、慣れると腰がどんどん良くなります。しかも、続けているとウエストも細くなってきます!

 

普段、あぐらや横すわりなどをしていて、腰が痛い方はぜひやってみてくださいね。効果てきめんです!

-姿勢, 猫背, 腰痛

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.