姿勢 腰痛 豆知識

腰にやさしい綺麗な座り方教えます

投稿日:

北海道の腰痛専門整体院あさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

腰に負担のかからない綺麗に座る方法

についてお話しいたします。

よく、いい姿勢で座りましょう!と言いますが、座る形はイメージできても、実際やってみるとなかなかうまくいかないですよね。

 

自己流でうまくいく人もいますが、背骨に負担がかかったり、骨盤がうまくたたなかったり、骨盤が実際立っているかわからなかったり、いろいろ出てくると思います。

 

そこで、今回は具体的にどのような順序で動作していけば、綺麗に腰に負担のかからない座り方を説明していきます。

画像をクリックすると動画が見れます

 

詳しく解説していきます。

座り方の順序

1、お尻の付け根の骨ですわる

このお尻の付け根の骨というのは、専門用語で坐骨というところを指します。

 

この坐骨の坐という字は、座るという意味があり、その骨で座るんだという意味です。これは、骨盤がしっかり立っていないと、この骨で座ることが出来ません。

 

骨盤が寝た状態で椅子に座ると、お尻っぺたや腰の骨の付け根である仙骨の先端(尾骨付近)で座ってしまいます。そこに体重をかけたまま座ってしまうと、尻っぺたの場合は坐骨神経を圧迫し、神経痛を引き起こしてしまったり、仙骨付近で座っていると、ゆがみを作ってしまい、腰に負担をかけ続けてしまいます。

坐骨で座るために、お尻を突き出して前かがみのポジションを作るのです。

 

2、胸を張る動作

お尻を突き出して、前かがみのポジションから胸を引き上げることで、腰の骨を前側にわん曲させます。骨盤を立てることが出来たとしても、腰の骨が前側にわん曲してないと猫背のままになってしまい、腰に負担が出てしまいます。

 

3、胃のあたりを突き出しながら上体を起こす

ここまでの動作で、骨盤をしっかり立て、背骨のわん曲が理想的な形(体重がお尻の骨に乗る感じ)になっていると思います。

4、仕上げにあごをひく

あごを引くことにより、重心を中心に持ってくることができます。頭が前にあると時間とともに体が前かがみになり、猫背になってしまいます。

5、この姿勢をやりやすくする工夫

足を大きめに開く事です。

足を開いて座ることにより、股関節を回転させやすくなり、骨盤が立ち易くなります。股関節が硬くて骨盤を立てにくい方には、最適な方法です。まとめると下図のようになります。綺麗ですね。

この姿勢、背中が疲れるんだけど・・・

背中が疲れるには、理由があります。それは、今まで使っていなかった背中の筋肉を使っているから、筋肉疲労を起こしています。

なので、背中の筋肉がついて安定するまでは、背中が疲れるときがあると思いますが、慣れれば絶対楽になるので、はじめは我慢してください。背中が辛いときに腹筋に力を入れると楽ですよ。

 

いかがでしたか?もし、座り方を綺麗に見せたいし、座ってると腰が痛くなる方はやってみてくださいね。

-姿勢, 腰痛, 豆知識

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.