腰痛 豆知識

腰に優しいしゃがみ方・立ち上がり方

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は

腰に優しいしゃがみ方

についてお話ししていきます。

しゃがむときって、結構腰に負担が来やすいものです。とくにそこから立ち上がるときなんかは、結構しんどくなりますね。この時最悪、ぎっくり腰になてしまったりしてしまいます。

 

本当は、みんな腰に負担のかからない方法を体で知っているはずなのですが、効率さや楽さ、手軽さを優先するばかりで腰への負担を無視してしまいます。

 

あさひ治療院の周辺の方々は、家庭菜園やガーデニングをやっている方が多く、たとえ腰が痛くても膝が痛くてもこれだけはやめられまない、というぐらい皆さん大好きです。

 

それは、それで大変良い事なのですが、夢中になりすぎるあまり腰や膝への負担をなおざりにしてしまうんです。大変危険な事です。

 

そこで、今回は腰に負担のかからないようにする効果的なしゃがみ方について説明していきます。これを知ることで、あなたは腰の心配をすることなく作業に集中することが出来るでしょう。

画像をクリックすると動画が見れます

 

説明しますね。

しゃがむとき、立ち上がるときに腰を痛める理由

ぎっくり腰などのを起こしてしまうときは、たいていしゃがんだ状態から立ち上がるときに発生します。

 

なぜ、そのようなことが起こるかと言いますと、しゃがんだ時、そこから立ち上がろうとする時の姿勢に原因があります。

 

しゃがむときは頭からしゃがみ、立ち上がる時は頭が最後に持ち上がる

 

ほとんどの方は、この方法でしゃがみ、立ちを実施しています。

 

この格好だと、頭が重りになってテコが働き腰が支点になってしまいます。

そして、立ち上がるときの腰に力を集中するように立ち上がるので、腰への負担がものすごいことになります。

 

それを繰り返すことで、腰を痛め、最悪ぎっくり腰になってしまうのです。恐ろしいですね。

 

腰を痛めないために最も大切な準備

この動作を完璧にこなすためには、準備が大切になります。それは、

 

足を開く事

 

非常に簡単ですが、とっても重要な事なのです。なぜなのか?

 

股関節の動きを大きくすることで、お尻を突き出しやすくする事が可能になる

 

お尻を突き出すことで、腰の骨の関節を密着させて強固にします。

腰に負担のかからないしゃがみ方、立ち上がり方

ようやく本題ですね。

1、しゃがみ方

足を開き、お尻を突き出すようにします。そして、足を先に曲げてしゃがみます。注意!この時、頭を先に下げてはいけません。頭は最後です。

 

2、立ち上がり方

まず、足を開きお尻を突き出します。次に胸を張ります。この準備が出来たら、上に向けてまっすぐ立ち上がることを意識しながら立ち上がります。この時は、頭はさきに上に行く感じにします。

ここで、一番大事なことは胸をしっかり張る事です。これを丸めた状態にしてしまうと、お尻を突き出したとしても立ち上がりにくくなり、最終的に腰に支点を作ってしまいます。

 

図に表すとこんな感じです

この図をみててもらうと分かる通り、支点が足先に力がふとももに来ているのがわかると思います。

このようにすることで、腰にかかるストレスを他の場所にずらすことが出来るのです。

 

ちなみにこのような姿勢で、しゃがんだり立ったりしていると、ももやお尻に筋肉が付きやすくなり、膝への負担も軽減され、腰回りの筋肉も強化されウェストが細くなるという良い副産物も生まれます。

 

ちょっとの工夫が、こんなにもいろんなメリットを生み出してくれるんです。やらない手はないですね。やってみてください。人生変わりますよ!

 

では、また。

-腰痛, 豆知識

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.