ストレッチシリーズ 肩こり、頭痛 腰痛

腰痛にはここのストレッチも有効です

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は、

腰痛対策に有効な意外な場所のストレッチ

についてお話しいたします。

あなたは、腰痛対策にストレッチをしてますか?

 

お風呂上りとか、寝る前とか、仕事から帰ってきた直後とか、朝起きてからとか・・・結構やっている方はやっていると思うのですが、やってない人は全然やっていませんよね・・・。

 

ちなみに私は毎朝、仕事が始まる30分前にストレッチをします。

 

その方が、ある程度血流も良くなり、仕事に集中しやすくなりますね(力は使ってないけど、何気に肉体労働なんですよ)。

 

ストレッチをする場所はどうですか?

 

腰痛の方は、もしかしたら腰回りのストレッチしかしてないんじゃないですか?

 

ふくらはぎのストレッチの回でも、お話ししたようにストレッチにしても全身を見なくちゃいけません。

 

今回は・・・・

画像をクリックすると動画が見れます

 

解説していきます

なぜ首なのか?

それは、頭の位置関係にあります。頭の位置が体の重心よりも前にあると体重がもろに腰にかかってしまいます。

立っているだけで、腰に体重がかかる結果になるので、長い時間立っているだけでも腰が痛くなってきます。

 

そして、頭を前に出してしまっている主な筋肉が胸鎖乳突筋という筋肉です。

この筋肉が張る原因は、いっぱいあるのですが、単純に顔が前に出ている時間が長ければ長いほどその筋肉の緊張状態が強くなるので、伸びずらくなるという原因も一つ上げられます。

 

胸鎖乳突筋が柔らくなると?

この筋肉が柔らかくなると、

  • 頭の位置が後方に下がり、重心が整います
  • 腰への負担が減ります
  • 首の骨がきれいな弯曲(わんきょく)になります
  • くびの血管や神経のねじれがなくなるので、脳に血液が回りやすくなるので、頭がさえてきます
  • 肩こりがなくなります
  • 猫背が改善され易くなります
  • あごの緊張がなくなるので、かみしめ癖が軽減されます

少し上げただけでも、結構多くの利点が挙げられます。

 

あと、もう一つの大きな特徴を上げるとすれば、見た目の問題です。頭の位置が変わると見た目が全然違ってきますね。やっぱりきれいですよね。

 

ストレッチの仕方

1、まず、顔だけ横を向きます。その時首を触ると一番盛り上がっている筋肉が胸鎖乳突筋です。

2、次にそのまま頭を後ろに倒します。この時にその筋肉が引っ張られている感じが確認できると思います。

3、この姿勢を5秒~10秒くらい維持してから、反対の首をやります。

 

簡単ですね。

注意!以下の事を十二分に守った上でストレッチしてください。

  • 初めてこのストレッチをやるときは、座って行ってください。貧血を起こす可能性があります。
  • しっかり姿勢を意識しながら行ってください。首だけだとその筋は伸びずらいです。胸をしっかり張ることです
  • 無理やりやらないでください。引っ張られている感じがあるだけで十分伸びます。痛めてしまいます
  • 第3者に手伝ってもらわないようにしてください。危険です。あくまでもセルフストレッチです

これだけやればいいという訳ではありませんが、これだけでも結構腰痛予防になりますのでやってみてくださいね。

 

ストレッチシリーズはどんどん増やしていく予定ですので、お楽しみに!

-ストレッチシリーズ, 肩こり、頭痛, 腰痛

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.