姿勢 腰痛 豆知識

腰痛の真実をお教えします。

投稿日:

腰痛治療の専門家の櫻田です。

 

本日は腰痛治療のホントの所についてお話しいたします。

最近、メディアでも腰痛の原因について多く取り上げられるようになりました。

 

使いすぎ?内臓から?ストレス?原因不明・・・?いったいどれが本当なんでしょう?

 

画像をクリックすると動画が見れます

 

と、いうように腰痛の原因の大部分はあなたが普段生活の過ごしている"癖"が関係しています。

 

癖とは

すべての生き物は効率を重要視します。なぜなら、極力頭を使いたくないからです。

 

効率よく生きていくために、この動作が手早く、簡単にできる方法を見つけることが出来たら、これを実証するために何度も何度も繰り返して改良を加えていきます。そして完成したのが"癖"なのです。

 

この"癖"はすべてを土返しします。どんなに健康的な事でなくても、この作業を効率よく行うためだけに形作られていきます。自分の健康すらも犠牲にしていくんですよ。怖いですね。

 

そこで、大きな問題が出てきます。これは、すべて無意識が行っていて、自分でも気が付くことが出来ません。しかも、気が付いたとしても頭を使いたくないので、改善することがないのです。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

かっこよく言い換えれば、その人の生き様がまさに体に現れています。

 

体のゆがみと癖

効率よく生活していくためにできた癖でそれが健康を土返ししてしまうのだから、当然からだにゆがみが生じてしまいます。無意識にとっては歪みなんてどうでもいいのです。

 

しかし、体を健康に維持しようとする機能は違います。本来あるべき骨の位置と柔軟性(いわゆる良い姿勢)がないと体はどんどん悪くなります。

例えば・・・

  • 血液循環の低下
  • 免疫機能の低下、もしくは過剰反応
  • リンパ液循環の悪化
  • 消化器官の機能低下 など

上記の事が長期間に及んでくると。出てくるのが痛みやしびれ、むくみなのです。

痛みやしびれが長期に及ぶことによって、人は焦って病院やマッサージ店に足を運びます。そして、その場限りの治療や慰安で最初は満足しますが、だんだん不安になっていきます。「どうしたらいいんだ・・・」となるわけです。

さらに手術を進められることで、さらに不安になっていきます「これで終わりか・・・」

(※本当に手術が必要な場合がありますので、すべてに言えたことではありません。)

 

どうしたらいいのでしょうか?

ここで、あなたは気が付かなければなりません。なぜ、腰痛になってしまったのかを。

あさひ治療院では、腰痛の原因を回を重ねることで深く、深く探って行くのですが、最終的に出てくる答えのほとんどが"日常の癖"という形になります。

では、どうするべきか?

それは、どの"癖"が今の腰痛を出しているのかを導き出し、その"癖"を改善していく努力が必要になってきます。長い年月がかかってできた"癖"なので、そう簡単には改善されません。その"癖"に気付くことと、改善しようという強い気持ちが必要です。

いくら、背骨を正そうが、骨盤を調整しようが、無意識が作り出した癖の方が圧倒的に強いので、またもとに戻ってしまいます。だから強い気持ちが必要なのです。

 

ですが、これがさえわかって、改善してしまえば、あっという間に腰痛が改善され、痛みがいったいどんな痛みだったのかもわからなくなってしまうんです(人体の不思議です)。本当ですよ。

まとめ
その人の持っている"癖"が人体にいい影響、悪い影響を及ぼしていて、それが慢性化して腰痛などの痛みやしびれ、むくみを生み出してしまいます。それは、"癖"を治さない限りどんなすごい治療をしても、良くなる戻るを繰り返してしまいます。

 

腰痛などの痛みやしびれ、むくみなどを改善するには、良い治療もそうですが、良いアドバイスとそれを改善しようとする強い気持ちが必要になるのです。

-姿勢, 腰痛, 豆知識

Copyright© あさひ治療院 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.