クセ・習慣 ストレッチシリーズ 姿勢 背中

良い姿勢を作るためには背骨の柔らかさも重要です

投稿日:

こんにちは!

 

北海道札幌市中央区南24条で腰痛・足のしびれ専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

上手く良い姿勢を維持できない方へシリーズ第3弾です。

参考記事①:あなたが良い姿勢を長続きできない原因はこれです。

参考記事②:良い姿勢をできるようになるために、あなたがすべき運動

 

今回は

背骨を柔らかくする方法

についてお話しいたします。

良い姿勢を維持できない原因として挙げられるのが、2つあります。それは

・背中の筋力不足

・関節の硬さ

でした。今回は関節の硬さ、特に背骨の硬さの解消法についてお話していきます。

 

 

動画の再生数を見ても、このシリーズではトップの再生数を誇ります。皆さん、背骨が硬いことが悩みなんですかね。面白い!

 

今回お伝えするこのエクササイズは、前回、お伝えした背筋を強くする運動とセットで行うと合理的に良い姿勢ができるようになりますね。

 

では、早速見ていきましょう!

画像をクリックすると動画が見れます

ただのストレッチじゃないの?

この動画を見た方は、ただのストレッチじゃないの?と思われるかもしれません。

まあ、見ていただくとわかるのですが、ストレッチですよ。

 

ですが、よく考えてください。

 

ストレッチは筋肉を伸ばすものを考えられがちですが、筋肉は、最終的に骨に付着します。筋肉の目的は、関節を動かす事ですから、逆もできうるという事ですよね。

筋肉を伸ばして、しっかり伸びたあと次に起こるのが骨への牽引です。

ゆっくりした動作で、やり続ける事によりしっかり関節を柔らかくすることが出来るようになるんですよ。

具体的な方法は2種類

1、猫のポーズ

猫のポーズは、ヨガでも有名な運動ですね。

 

四つ這いで、腕を前へ伸ばしてく方法です。息を吐きながら伸ばしていくとさらに効果的です。

背中が硬すぎる人は、最初のうち猫のポーズは難しいかもしれませんので、肘をつくなどの工夫が必要かもしれませんね。

2、体幹ひねり

この運動法は、あまりにも有名ですね。ほとんどの人が知っているストレッチ法です。小学校の体育の時間に教えられるからでしょうね。

 

仰向けになり、膝をたてて足をそろえながら下半身を横に倒していきます。余裕のある方は、足をクロスしてやっていただいてもかまいません。

 

ポイントは、

・背中をしっかりそらす事

・息を吐きながらやる事

・伸ばす方の反対側の肩は床に付けるようにする事

です。これは、ろっ骨も柔らかくすることが出来るので大変お勧めです。

前回もお話ししましたが・・・

やはり、このストレッチ法も継続が非常に重要になります。

 

何日かやって満足してはいけないのです。

 

そこで、一つ提案なのですが、この時間は必ず運動とストレッチをやると決めてしまうのはどうでしょうか?

 

そして、紙に書いて貼っておくのです。そうすることで、思い出してすぐに実践することが出来ます。

 

前回の運動とストレッチ、合わせても5分もかかりませんから、慣れてしまうとそこまで億劫ではないと思いますよ。

 

まあ、この2つの運動とストレッチの組み合わせは、習慣化できればあなたのウエストが確実に細くなりますから、損はないですよ。

 

ぜひ、無理せず続けてくださいね。

 

では、また。

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?

 

ご提案はこちら

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, ストレッチシリーズ, 姿勢, 背中

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.