頭蓋仙骨療法(クラニオセイラクルセラピー)って何?

アメリカのDr.ジョン・E・アプレジャーが開発した、頭蓋と仙骨(お尻の真ん中の平べったい骨)の動きを改善することにより(頭蓋骨も仙骨も自動的に動くんですよ)、脳脊髄液の流れを促進し、中枢神経の働きを活性化する方法です。

頭蓋と仙骨は硬膜という膜で繋がっていて、動きが連動しています。脳は体の隅々まで神経繊維によって連絡し、全身をコントロールしています。その神経線維の隅々までいきわたるのが脳脊髄液と言われているんですね。

 

なので、脳脊髄液の流れを良くすると自然と体全体の状態が良くなるんです。ですが、その脳脊髄液の流れを滞らせているものがあります。

 

それが、遠い昔のおおきな怪我や思考の癖、長期間ストレス、偏食などなのです。

 

そういったものが脳脊髄液の流れの偏りを生み、全体的なバランスが内側から崩れていってしまう事により、体に不調が生じてしまうんです。そうなってしまったら、マッサージしようが矯正をしようがなかなか良くなる事がありません。

 

そして、質の悪いことに小さい頃のトラウマや交通事故などの怪我などは、細胞レベルで記憶されていて、それを解消するのが非常に難しいとされています。これがあると、今は何ともなくとも、何かのきっかけで激しい自律神経の症状を発現させたり、ぎっくり腰の様な動けそうもない痛みに襲われたりするんですね(でも、この場合病院に行っても異常なしと言われてしまいます)。

 

こういった難しいものを脳脊髄液をつかって調整していくのが、頭蓋仙骨療法(クラニオセイラクルセラピー)と言います。

 

当院では、主に不眠、ストレスによる症状、原因不明といわれた各症状の方が多く治療されています。

適応症

※すべての身体の不調の原因が頭蓋仙骨系にあるとは限りません。まずはご相談ください

新生児、乳児

神経系の過剰被刺激性,過度に泣く,筋緊張低下,呼吸障害,過度な嘔吐や腸の機能障害など。

小児

行動と学習における障害:過運動症、異常な恐怖、集中力の欠如など、失語症など。

その他

脳性麻痺、自閉症など。

成人

急性の捻挫と挫傷、慢性的疼痛問題、内蔵の機能障害、自律神経系の機能障害、情緒障害、側弯症、視覚障害、聴覚障害、脳貧血、顎関節の問題など。

禁忌症

  1.急性頭蓋内出血:凝血形成の微細な経過を妨げてしまう。
  2.頭蓋内動脈瘤:漏れや破裂の可能性がある。
  3.頭蓋骨折
  4.延髄ヘルニア

(参考:アプレジャー・インスティチュート・ジャパン

 

あさひ治療院では、以下の様な方の利用が多いです。

画像をクリックすると動画が見れます

投稿日:2016年7月4日 更新日:

執筆者:asahi-cure1

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.