腰痛 豆知識

食べ方を変えるだけでも腰痛は治ります。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

腰が良くなる食べ物

についてお話しいたします。

あなたは、食べることに何らかの工夫をしていますか?

 

最近なんかは、低糖質ダイエットなんかが出てきたリ、一昔前はバナナダイエットが出てきたリといろいろな食べ物と健康がセットになったブームになっていますね。

 

ですが、昔はあれがいいと言われていたものが、今はダメと言われてみたりその都度いいというものを取り入れている方は、どうしていいかわからなくなってしまいますね。

 

ブームとはそういうものです。流されていませんか?

 

ところで、食べ物と腰痛が関係あると思いますか?

 

そんなの関係ないじゃん~、って思われるかもしれませんが、実はかなり密接に関係しています。

 

腰痛で病院に行く度に「痩せなさい」と言われ続けている方がいますね。

 

まあ、確かに「痩せなさい」とだけ言われただけだと、何をどうしていいかわかりませんよね。しかも、その言った先生が太っていたら説得力もありませんけど笑

 

確かに痩せることで腰痛は良くなります。それにはこんなわけがあるのです。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

食べる物・食べ方を変えればすべてが変わる

この動画で特に注目してお伝えしているのが、

 

内臓脂肪と体内環境

 

です。内臓脂肪は内臓の動きを制限してしまい、本来の能力を発揮できません。内臓も動く事によって活動を活発にします。あと、内臓脂肪でさらに注目しなければいけないのが、重さです。

 

脂肪がつくと内臓そのものが重くなるのです。

 

動きを制限され、内臓が重くなればその代償は当然関節や筋肉がしなければなりません。だから、姿勢が強制的に悪くなったり、内臓の負担が増えてくるとともに内臓の悲鳴が関連した痛みとして、背中や腰などに現れたりします。

 

それは、体内環境においてもしかりです

 

便の排泄や血液の循環が滞ってしまうことで、内臓や筋肉に負担をかけ、血液循環に至っては身体を温めるシステムを鈍らせてしまいます。そういったことも結局腰痛のもとになってしまいます。

ちょっとずつの工夫すれば、数日で大きな変化が!

だからと言って、一気にすべてを変えるわけではありません。

 

急にすべてを変えると体が追い付かなくなってしまいますし、ストレスが大きく反動が出てしまいます。リバウンドというのがありますが、急にすべてを変えようとしたためにそのストレスが反動として帰ってきてしまった結果なんです。

 

よーし!とそんなに気負わなくてもいいんです。

 

少しづつ、情報を集めながら実践していけばいいんです。

内臓脂肪を少なくする食べ物は?よし、今日はコレをしよう。

体内環境を良くする食べ物は?では、明日はコレをしよう。

この程度の積み重ねで十分です。これを積み重ねる事でも十分に大きな変化がおきます。

食べ方もほんの少しだけ変化を加えるだけで体重だってすぐに変わる

体重においても同じです。

 

ほんの少しづつ、ご飯の量を減らしてみたり、間食を一回減らしたりするぐらいから始めればあっという間に体重は落ちます。

 

そのうち、食べる量そのものが減ってきたら、その感覚に合わせて食べればいいだけです(でも、感覚には敏感になってくださいね)。

 

積み重ねることで、いとも簡単に体を変えることが出来るんですよ。

さあ、すぐに始めましょう!

食べ物や食べ方を変えるときに、一番心のエネルギーを使うのが

 

やろうと思ったところから、実際に始めるところ

 

です。もし、この記事を読んで私と関係があるなあとか、薄々わかっていたけど・・・など、心当たりのある方は、ぜひ実践してみてください。やるならすぐにですよ。

では、また。

この記事に対するコメントや質問などがあればどしどし教えてください。ご予約や治療内容のお問い合わせもこちらからできます。ぜひ、お待ちしています。

-腰痛, 豆知識

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.