セルフケア 腰痛

【腰痛予防】雪かきで重要な事、それは下半身を使う事。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

腰を痛めない雪かきの仕方

についてお話しいたします。

今年は雪が多いですね。全国的に多く雪かきをする機会が例年よりも多いのではないでしょうか?

 

白老町は、通年雪が非常に少ないのですが、今年はすっかり積もってしまいました。

 

雪が積もってしまうとどうしてもやらなくてはいけない事、それは、

 

雪かきです。

 

北国に住んでいる人からすれば、当たり前ではあるけれど、基本的にあまりやりたくないですよね。終わったらかなりの確率で筋肉痛になりますしね。

 

特に、雪かきはやり方を間違えてしまうと、ぎっくり腰になってしまいます。そういう意味では腰痛に悩ませられる方が多い時期に当たります。

 

あなたは、雪かきの時に腰が辛くなったりしませんか?

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

やっぱり下半身が重要

雪かきに限らずですが、今後は下半身の筋力は非常に重要になってきます。

 

下半身が強いか弱いかで健康を維持できる年齢に差が出るほどですからね。

 

動画でお伝えした内容は、

 

腰を落として、お尻を入れて雪を捨てる

そうすることで、下半身を最大限まで使う事が出来ます。そこまで必要?と、思われるかもしれませんが、下半身を使うのと使わないのとでは、腰にかかる負担が0か100かくらい違います。

雪かき中に腰が辛くなったら注意!

下半身をうまく使いながら雪かきが出来ている方はいいのですが、多くの方は雪を寄せることに集中しすぎて、体の使い方には目を向けません。

 

主に、朝出勤時間にやらなくてはいけないので、そんな余裕がないというのもあるかもしれませんね。

 

雪かきをやっている最中から、腰に疲労感が出てきてしまい、少し休みたくなった感じが出てきているとしたら、それは

 

下半身がほとんど使えていない証拠です。

 

そこに気が付かずに、雪かきを続けていたら、終わってから腰が痛くなったり、ぎっくり腰になったなんてことになってしまいます。

 

そうなってしまったら、仕事に行くどころじゃないですよね。

忙しい、時間がないときこそ下半身をつかう

先ほども言いましたが、忙しくて、急がなければいけない時って、どうしても自分の体の使い方まで目が届きにくいものです。

 

ですが、そこで腰を痛めてしまっては元も子もありません。そうならないように、

 

腰を落とし気味にして、お尻を使うんだと意識しているだけでも結果が全然違ってくるのです。

 

その様に意識しながら、雪かきをすれば体が勝手に下半身を使おうとしてくれます。確かに終わった後は、足は筋肉痛になるかもしれません。ですが、腰を痛めて仕事に差し支えるよりは、はるかに効率的だと思いませんか?

 

雪かきを機に下半身を鍛えるんだ~くらいの気持ちで、やったほうが雪かきの効率もどんどん上がっていきますよ。

次回から早速

次、いつ雪が酷くなるかわかりません。

 

もしかしたら、今日早速やらなくてはいけないかもしれないし、暫くないかもしれません。

 

ですが、次やるときは腰を痛めないように下半身を意識して雪かきをして下さいね。やるとわかるのですが、雪かき最中の腰の疲労感や雪かき後の腰の痛みがほとんどないことに驚きますよ。

 

雪かきも将来の為にトレーニングだと思って楽しんでいきましょう!(できればでいいですよw)

 

もし、あなたが下半身を意識しながら雪かきをして、腰を痛めずに雪かきをすることが出来たなら、この内容をお友達にも教えてあげてくださいね。喜ばれますよ。

 

では、また。

※このブログを書き終わってから気が付きましたが、同じような内容のブログを年明けに書いていたんですね。そちらも参考にしてみてください。

参考記事:これであなたは二度と雪かきで腰を痛めない

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-セルフケア, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.