自律神経 豆知識

【英】16歳未満はエナジードリンク飲んではいけません!

投稿日:

はい、どうも!

 

北海道札幌市中央区南24条で腰痛・坐骨神経痛専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は、

エナジードリンクの危険性

についてお話しいたします。

先日、イギリス政府は16歳未満のエナジードリンクの購入を禁止する方針を打ち出しました。リトアニアでは、もうすでにエナジードリンクの未成年の購入を禁止しています。

 

まあ、エナジードリンクは危険な香りがプンプンしていましたが、どうして未成年に禁止されたんでしょうか?

エナジードリンクの含有物質と役割

レッドブルやモンスターなどのエナジードリンクの中には、大量のカフェインと砂糖が入っています。特にモンスターエナジー(アメリカ産)に含まれているカフェインの量はコーヒーの2倍含まれています。

 

その他にも、アルギニンやビタミン類、物によっては高麗人参などが含まれています。

 

レッドブルは、コーヒー1杯分と同じ量を含まれているので、大量に飲まなければ問題ありませんが、甘くて炭酸で手軽に飲めるので、コーヒーを一杯飲むよりもはるかに大量に摂取してしまう可能性があります。

カフェイン

カフェインは、中枢神経を覚醒させて、眠気や疲労を軽減した感覚になります。その効果は最初の1時間で発生して、3~4時間で半減します(Wikipedia参照)。

 

砂糖(ショ糖)

砂糖をはじめとする糖類は、三大栄養素の一つとして私たちには欠かす事の出来ないエネルギー源です。特に思考や行動をコントロールしている脳は、ショ糖から分解されるブドウ糖しか利用することが出来ません。

 

イライラした時などに、甘いものが食べたくなったりするのは、特に脳が糖を欲しているからかもしれませんね。

カフェイン、糖の恐ろしい中毒性、依存性

カフェイン、糖には長期大量摂取により恐ろしい中毒性があります。

 

先ほど述べたように、カフェインや糖は眠気やイライラを沈めてくれて、覚醒した状態を作り出すことも出来ます。脳も一時的に活性化するので脳からでる信号により、体が軽い感じになります。

 

なので、非常に疲れを感じているときやここぞという時に、これらを服用することで作業効率があがり、頑張ることが出来ます。ですが、中枢神経を強制的に刺激しているだけなので、また、翌日に異常なほどの疲労感がやってきます(倍返し状態)。

 

翌日も頑張らなければいけない、でも疲労感が強く体や思考が思うように働かない・・・。という事でまた服用しなけてはいけなくなるんですね。

 

そうすると、それが当たり前になり、飲まないと元気になれない状態になります。最悪の場合、頭痛や過度なイライラ、異常なほどの全身倦怠などの禁断症状に見舞われます。怖いですね。

 

大人たちは、これをコントロールできます(よね)。未成年の場合は、身体も精神もまだ完全とは言えません。大人と違って感受性も強いので依存しやすくなるんです。

エナジードリンクの本当の怖さ

同じ量のカフェインが入っているコーヒーは苦みがあるので、子供たちは手軽に飲むことが出来ません。私も小学生の時に、親のコーヒーを少し飲ましてもらった事がありますが、「なんでこんな苦いものを大人は飲むんだ!」と思いました。

 

確かに、MAXコーヒーをはじめとした、砂糖のたくさん入っているコーヒーがありますが、自動販売機の中から、子供はすすんでコーヒーを選択しないでしょう(他にもありますからね。他のジュースも砂糖の量を考えると子供に与えていいのか考えてしまいますが・・・)。

 

しかし、レッドブルなどを代表とするエナジードリンクは、ちょっとは値段は高いもののコーヒーとは違い、甘くてシュワシュワして飲みやすいのです。

 

コーヒー並みのカフェインを含む、エナジードリンクをその他のジュースと同じ感覚で飲んでしまったら・・・。そうですね。未成年にはその可能性が十分にあるのです(大人にも中毒症状はありますので気を付けてくださいね)。

エナジードリンクがもたらす感覚と肉体のズレ

これは、エナジードリンクだけに限りませんが(ユンケルやリボビタン、チオビタドリンクなども)、それらを飲むことにより、頭が冴えてきたリ、眠気が飛んだり、体が軽くなったりなど、一時的に元気になります。

 

ですが、これらの現象は、中枢神経を強制的に覚醒させているだけにすぎません。脳が元気になったと錯覚しているんですね。

 

ここぞという時にはいいかもしれませんが、これが長期的に飲むことにより、あることがおきてしまうんですね。それは、

 

肉体と感覚のズレが生じるという事です。

 

具体的にいうと、実際は、自律神経をはじめとした肉体は疲労状態なのに、脳は元気であると錯覚を起こしてしまうという事です。

 

エナジードリンクなどを飲む事による、肉体と感覚のズレが長期的に起こることにより、自律神経にどんどん疲労がたまっていってしまい、神経と肉体のバランスが崩壊していくんですね。そうなることで、慢性的な疲労状態になり、エナジードリンクを飲んでも元気になれなくなります。

 

慢性的にな疲労状態になれば、今度は精神状態も不安定になってしまい、健全な考え方が出来なくなってしまうんですね。人によっては躁うつ病の原因になってしまうかもしれません。

エナジードリンクも用途を考えて適度に

カフェインが異常に入っていることを知らずに、カフェイン耐性がない人が飲んでしまい、心臓に大きな負担をかけてしまい、死亡してしまったというお話は海外で多いですよね。

 

今、あなたが飲もうとしているエナジードリンクには、カフェインや砂糖、その他の成分がどれだけ入っているか知ったうえで、必要に応じて責任を持って飲むようにしてください。

 

カフェイン、砂糖どちらも中毒性、依存性がありますので、必要以上に飲まない事を心掛けてくださいね。あまり飲むと、あっという間にデブりますよ!

 

お子様のいるご家庭は、日本では規制されていませんが、やはりエナジードリンクは飲ませないようにした方がいいですね。耐性のない子が飲むと心臓発作を起こす可能性もないとは言い切れませんから。

 

では、また。

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?そんなあなたの為に特別な提案を用意しました。

 

こちらの提案は、毎月先着3名様に限った提案です。すぐに予約枠は、埋まってしまいますので、気になっている方はぜひ、見に来てください。

 

特別な提案はこちら

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

■住所■

札幌市中央区南24条西15丁目2-5-502

■店名■

腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院

■代表者■

櫻田淳一

-自律神経, 豆知識

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.