クセ・習慣 姿勢 肩こり、頭痛 腰痛

なぜ、慢性的な腰痛の人ってみんな姿勢が悪のか?

投稿日:

はい、こんにちは!

 

今回は、

腰痛の人が姿勢が悪い理由について

お話していきます。

まず、いきなりなんですが、はっきり言いたいのが、姿勢がいい人に腰痛はいない(ハズ)という事なんです。

 

いきなり結論じみたことを言ってしまっていますが、力学的に考えてもそうなります。

 

姿勢って、歩いていた李、立っていたり、座っていたりしている時に・・・

 

・体が重力に最低限の力で抵抗し、作業したり、立ったりできるか

・地面からの衝撃をいかに全体的に分散させ、体へのダメージを少なくするか

 

この2つの役割を持っています。

 

私たちは、つねに重力に抵抗し、地面からの衝撃に耐えながら、当たり前のように生活しているわけです。よく考えたらすごいですよね。

 

よく、宇宙飛行士が宇宙から帰ってきた直後って、たくさんの人に支えられて出てきますよね。

 

あれって、宇宙の無重力空間で筋力が落ちてしまっているだけではなく、重力自体がどれだけ体に強い負荷をかけているかという事の表れなんですよ。

 

宇宙飛行士が、宇宙から帰ってきた直後に立ち上がったりしたら、おそらく骨折するでしょうね。

 

ちょっと横道にそれましたが、では、腰がわるくなる姿勢ってどういうものをいうのか説明しますね。

腰が悪くなる姿勢って、どんな姿勢?

まあ、インターネットの世の中ですから、調べればすぐにわかるのですが、代表的な所で言うと下図の右側の方の感じです。

座っている場合はこんな感じですね。

あさひ治療院に初診で来る方の多くの方が、始めこんな姿勢をしていますw。治療開始して、暫く経ったら腰痛の改善とともに、姿勢は良くなるんですけどね。

 

町をぶらぶら歩いていると、すぐわかっちゃうんですよ。「この人慢性的な腰痛持ちだな~、この人頭痛酷いんだな~」って。それだけ、姿勢は症状に直結しているという事なんですね。

 

この立ち姿勢と座り姿勢の共通点ってわかりますか?

なぜ、悪い姿勢が腰をわるくするのか?

これですね。おそらく多くの方が骨盤の角度が悪いから、猫背だからと言うと思います。あなたもそうじゃないですか?

 

確かに、骨盤や猫背もそうなんですが、実はもっと大事なところがあるんです。それは、

 

頭が前に出ている事なんです。

 

頭が前に出ていると、頭の重さって体にどのような負担をかけると思いますか?図の様な感じになります。

 

頭が前に出ているのが基本姿勢として定着してしまうと、体は基本姿勢がこれだと判断してしまうため、座っていても、立っていても、歩いていてもこの姿勢をし続ける事になります。

 

常時この姿勢をし続けるという事は・・・・、そうですね。

 

寝ている以外のどの姿勢においても、腰に負担をかけ続けてしまうという事です。怖いですね。

 

例として挙げるなら、台所作業がこれに当たりますね。長い時間立っていると腰が辛くなる人がいますが(あなたは大丈夫ですか?)、その典型とも言えます。

 

では、なぜこのような姿勢をしてしまうのでしょうか?何もしたくてなった訳ではないと思います。

なぜ、腰を悪くする姿勢をするようになるのか?

これには、様々な理由があります。

 

まず、第一に挙げられるのが生活の快適さの追究です。

 

周りの物を見てみてください。どうですか?背中を丸めて頭を前に出してしまいそうな、快適家具はありませんか?ありますよね。

 

代表的なものを一つ上げるとすれば、ソファーです。

 

あ、って思った方もいますね。座椅子もそうですよ。このような快適グッツはなぜか、人間の姿勢をわざと崩すように作られています。どんどん不健康にしていくんですね。

 

次にあげられるものは、デスクワーク。そう、パソコンですね。最近では、スマホを見る姿勢もそうですね。

 

これらは、やり続ける時間が長いので、腰に負担のかかる姿勢を定着させやすいです。気を付けてくださいね。たぶん、あなたもきっとやっている・・・・。

 

その他にも、頭が前に出てしまう要因はたくさんあります。周りには、あなたの姿勢を脅かしてしまう誘惑がいっぱいあるのです!

 

特殊な例でいくと、コンプレックスですね。内向的な意識が強くなってしまうと胸の内を隠しやすい姿勢になってしまいます。

そもそも姿勢って?

このブログでも言っていますが、そもそも姿勢というのは・・・

 

その人のこれまでの人生の経験、考え方、生活習慣、トラウマの集合体なんですね。大げさに聞こえるかもしれませんが、そうなんです。

 

でも、ここまで姿勢を意識して過ごしてこなくても、姿勢がいい人っていますよね。逆に小学生の頃から姿勢が悪い人っています。

 

これって、その人の経験が姿勢として表れているんです。もちろん、外部からの誘惑もあります。ソファー(ソファーについては今度詳しくお話します)とかね。

 

という事は、慢性的な腰痛ってなるべくして、なったという訳です。何も急に痛くなったというわけではないんですよ。

 

ぎっくり腰は違う!といわれそうですが、ぎっくり腰も疲労の蓄積ですよ。という事は、もうお分かりですね。

 

腰は、慢性的に痛みを発することによって、今の生活様式や考え方を変えてくれー!って叫んでいるのかもしれません。

 

もし、あなたに整体などに行っても、注射を打っても治らない慢性的な腰痛がある場合は、このように身の回りにある何かを変えてほしいって体が訴えているのかもしれません。

 

それを、かなえてあげる事であなたの今までの腰痛がすっかり治ってしまうという事があるかもしれませんね。

 

ぜひ、今までの生活習慣、考え方などを見直してください。そうすれば、何か糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

では、また。

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?そんなあなたの為に特別な提案を用意しました。

 

こちらの提案は、毎月先着3名様に限った提案です。すぐに予約枠は、埋まってしまいますので、気になっている方はぜひ、見に来てください。

 

特別な提案はこちら

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

■住所■

札幌市中央区南24条西15丁目2-5-502

■店名■

腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院

■代表者■

櫻田淳一

-クセ・習慣, 姿勢, 肩こり、頭痛, 腰痛

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.