お手軽筋トレシリーズ 冷え性 腰痛 豆知識

まだ間に合います!冬の腰痛対策。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

腰痛の冬対策

についてお話ししたします。

冬に腰の調子が悪くなる方って多いですよね。

 

あなたはどうですか?

 

冬に限らず季節の変わり目で調子悪くなる方も多いですよね。

 

なぜ、冬になると調子が悪くなるのでしょうか?

 

寒くなると体の動きが悪くなったり、筋肉が伸びずらかったりしますよね。それってあるものを動きが鈍くなってるから起こることなんです 。

 

それは血流です。

 

血流が体にいいって与える影響は計り知れません。

 

血流が少し鈍くなるだけでも、体に気を与える酸素の量が全体的に減ってしまい、代謝が悪くなったり、老廃物を送り出せなくなるので、代謝が悪くなったりしてしまいます。

 

それは、大量の流れの変化で起こるわけではなく、ちょっとした量の変化で起こるのです。

 

寒くなると全身の運動量が減るので、心臓から血液を送り出すものの戻ってくる量は夏に比べると少なくなってしまいます。

 

腰に溜まった疲れを回復するためにも血流は必須です。

 

腰が痛いからといって、腰にホッカイロなどで温めたりしても、全体的な血流量が低いのであまり効果がありません。

 

結果として、冬の腰痛を何とかしたい場合、全身の血流量上げる必要があるのです。

 

全身の血流量が常に安定していれば、腰に溜まった疲労や関節の動きを向上など、良い状態をキープできるようになります。

 

では、そのためには何が必要でしょうか?

 

そう運動が必要ですね。

 

筋トレをしたり自転車に乗ったり、走ったりいろんな運動がありますが、全身の血流を促す目的としては、実はそんなにハードな運動しなくても良いのです。

 

では、何が良いのでしょうか?

 

そう、答えは昔から受け継がれているあの運動です。

画像をクリックすると動画が見れます

解説ますね

ラジオ体操は凄いんです!

ラジオ体操は凄いんです(大事なことなので2度言います)。

 

何が凄いかと言うと、全身の筋肉を軽い負荷をかけながら滞りなく動かせるところにあります。

 

ラジオ体操第二いたっては、それに心拍数というのが計算されて組み込まれています。

 

あんな簡単に見えて、ものすごい計算の下で作られている素晴らしい運動なんです。

 

すべての体操内容ができるのが理想なのですが、だからといって全てをやる必要もなく、最初の深呼吸から2,3個位のラジオ体操の内容が酸素を取り込みやすかったりする運動が多いのでそれだけでも十分に効果はあります。

 

ラジオ体操の動画を載せておくんで、チャレンジをしてみて下さい。

画像をクリックすると動画が見れます ※ラジオ体操さんから動画をお借りしました。

先ほど私が挙げたほうの動画は、9月のもので9月から取り組まないと今年の冬も腰痛に苦しみますよ。という動画でした。ですが、寒くなりはじめの今でもまだ間に合います。

 

この記事の内容が気になった方は、ぜひチャレンジをしてみて下さいね!

 

やると決められた方は、是非、今から取り組みましょう。

 

今から始めることで冬の腰痛を恐れる事なく、乗り切ることができるようになるでしょう。習慣化するまではできるだけ毎日続けてくださいね。

 

ラジオ体操を続けて、腰痛を実感することなく冬を乗り越えられたら、お友達にも教えてあげてくださいね。「ラジオ体操が腰痛にいいよ」と。喜ばれますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-お手軽筋トレシリーズ, 冷え性, 腰痛, 豆知識

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.