腰痛 豆知識

内臓からくる危険な腰痛・・・

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

内臓から来る危険な腰痛

についてお話します。

あなたは、内臓からくる危険な腰痛ってあると思いますか?

 

そんなものないと思われるかもしれませんね。

 

ですが、よく考えてみてください。振り返ると色々出てくると思いますよ。

 

体は全てが繋がっていてお互いに連絡をしあっています。痛みや異変などの情報を脳に送ったりするのは一般的に知られていますが、それ以外にも内臓など内科的な病変においても同じようなことが言えます。

 

ですが、内臓などの情報は普通の痛みとは違ってなかなか感覚的に察知しにくい信号なので、それが腰や背中の痛みとして表されることがあるのです(これを内臓痛と言います)。

 

これを知っていると自分の内臓の状態をいち早く察知することができ、もし、重大な病気になった時に
ひどくなる前に未然に病院など行って対処することができるようになるでしょう。

 

自分は関係ないと思ってませんか?

 

「なんか、ずっと同じような腰痛を抱えているな~」と思い当たる方は、注意が必要ですよ。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

内臓と関係ある痛みの内容

具体的にどんな痛みが内蔵の病気と関係あるか気になるところでしょう。そこで具体的にお話ししていきたいと思います。

・どんな姿勢などでも楽にならない。どんな時でも、安静にしていても痛む場合

・時間が経つごとに、腰の痛みがだんだんひどくなっていく

・腹時に痛くなって、食事中に和らぐなどの食事に関連している痛み

・排尿中の血尿が出る場合

・生理の時に痛みが止まる    (参考:ヘルスケア大学

以上の様な事が挙げられます。確かにこのような痛みは、かなり特殊ではあります。ですが、意外と自分の身近にあったりするものです。

あなたの腰痛はそうなっていないですか?

まずは、自分の様子を振り返ってみてください。

 

・どんどん、じわじわと腰痛が悪化していませんか?

・どんな状況、どんな時間、どんな姿勢でも痛みがありませんか?

・おしっこに血がまじっていませんか?

 

もしかしたら?と思ったら病院に行って検査をお勧めいたします。重大な病気を早期に発見出来て、大事にいたらなくて済むかもしれませんよ。

では、また。

 

コメントやブログ内容についてのご質問、あさひ治療院についてのご質問、ご予約などはこちらへお願いいたします↓

-腰痛, 豆知識

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.