ストレッチシリーズ セルフケア 腰痛

前かがみの腰痛の原因はズバリ!下半身です

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

前かがみの腰痛の原因は?

についてお話しいたします。

あなたに腰痛があった場合、あなたの腰に痛みを出す原因が体のどこかに存在します。

 

それは、腰に限らず全身から見ていく必要があるのですが、それを確かめる方法としても大変有効なんですね。

 

腰が痛いから腰を揉んだ、腰回りのストレッチをしたのになかなか良くならない人は必見の内容です。

 

自分で原因を特定するのにも役立ちますので、ぜひやってみてください。

 

あなたは、前かがみになった時に腰が痛くなりませんか?

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

前かがみ腰痛の原因は腰から下にある

前かがみになった時に、腰痛が強くなる場合、

 

主な原因は腰から下にあります。

 

なぜ、そのような事が言えるのかというと、

 

前かがみなるときに体の流れは頭の方へ動きます。その時それを反発しようとするものがいたとしたら、それがちょうど腰の所で反対側の力が働いてしまうんですね。ですが、それは上半身では起こりずらいんです。

 

そうなることで、腰のあたりで拮抗する力が集まって腰痛になってしまうんです。下図参照

なので、股関節や足首など、足が柔らかい方は、前かがみの腰痛は出にくいはずです。特別な原因もあるので、必ずとはいえませんが。

前かがみ腰痛の方の主な生活習慣

前かがみで腰痛になってしまう方の主な生活習慣は様々ですが、

 

腰から下があまり使われない職業などがそれに当たります。

 

例えば

・デスクワーク

・腰より少し低い所で作業しなければならない立ち仕事(台所作業など)

・床に座りっぱなし

・ソファーに座りっぱなし

などが考えられます。足を使わないものが大半を締めますね。

もし、あなたが上記の様な作業や仕事が多いのであれば、実際に前かがみなって確かめてみてください。どうですか?痛みが出たり、強くなったりしましたか?

対策はどうする?

前かがみで腰痛があった場合どのような対策があるのでしょうか?

 

腰から下に原因があるというはわかったけど、何をどうしたら効果的なのか?それは

 

ストレッチです。

確かに、関節の硬さや筋肉、靭帯の硬さ、骨盤周りの硬さなどがありますが、大体のものがストレッチでカバーできます。

 

具体的なストレッチのやり方は省略させていただきますが、ストレッチの順番は足先から順に上に登っていく感じでやると効果的ですね。

 

足首→ひざうら→ももうら→お尻→股関節→腰

 

この順番でストレッチをしていくといいですよ。何処に大きな問題があるのかを見つけ出すこともできます。

 

前かがみで腰が痛くなってしまう方は、ぜひストレッチで解消してくださいね。

 

もし、あなたがこの記事を読んで前かがみの腰痛を解消することが出来ましたら、この内容をお友達にも教えてあげてくださいね。喜ばれますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-ストレッチシリーズ, セルフケア, 腰痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.