セルフケア ダイエット 豆知識

年末から食べ過ぎているあなたへ朗報です。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

食べ過ぎたときの対処法

をお伝えいたします。

さぁ、これから食べる機会が多くなる時期がやってきますね!

 

ご実家に帰省されて、食べて飲んでって言う方も多いと思います。

 

もしかしたら、これを機にクラス会なので多くの友人と会うっていう方も多いのではないでしょうか?

 

人が集まるとなってしまいがちなのが・・・

 

食べ過ぎや飲み過ぎです。

 

やっぱり楽しい所に行くと食が進みますもんね。

 

その後、必ずと行っていいほど、後悔してしまうんです。

 

「あ~食べ過ぎた~」

 

食べ過ぎたと後悔した後にw良い方法ご紹介します。

 

これを実践するとお腹がすきするまでの時間をかなり短縮することができます。

 

ただし、すっきりしたからと言って、その後すぐに食べすぎないようにしてくださいね。

 

身体が持ちませんから・・・・

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね

食べ過ぎると…

一般的に食べ過ぎると、以下のようなことが身体の中で起きます。

・胃、肝臓の過活動

・急激な血糖値の上昇

・食べた後に眠くなるような疲労感

などが挙げられます。

 

口の中から食べ物を取り込み、十分に胃を動かしながら、内容物を消化し、肝臓を使ってさらにそれを溶かしていかなければいけません。そうしないと、腸に持っていけませんからね。

 

そうなっている状態の時に、体を曲げていたりすると、さらに上半身からの圧力を胃や肝臓にかける結果になり、胃や肝臓の活動を妨げてしまう結果になるんですね。

結果的に消化が非常に遅くなったり、活動を圧力で抑えて締まっているために不快感がいつまでも続いてしまったりしてしまうんです。

 

ですが、今回お話ししている姿勢をとることで、おなかの空間を思いっきり開くことができるので、胃や肝臓を思う存分働かせることが出来るようになります。

実際にやってみましょう!

では、実際にやってみましょう!読みながらやってみてくださいね。

1、テーブルに肘をついてお尻を突き出す

2、おなかの力を抜いて、おなかが垂れ下がってくる感じにする

このようにすることで、胃や内臓の空間を最大限まで開いて内臓の活動しやすくしてあげます。

 

その他に、もうつぶせ寝であるこんな方法もあります。↓

これらの姿勢は、腰が疲れたとか背中がしんどくなった時などにも大変有効な体勢です。これをすることで背中の疲れをとり内臓の活動を活発できるのでオススメですよ。

 

ただし、先ほども言いましたが、すっきりしたからと言ってさらに食べ過ぎたらだめですよ。相当な負担がかかってしまいますから笑。

 

結局のところ、食事をコントロールするのが最善な方法なのではありますが、たまにはいいですよね。もし、食べてしまって気持ち悪くなった時は、ぜひこれをやってみてくださいね。

 

もし、これがかなり有効だと言うことを実感できたら、この内容お友達を教えてあげて下さいきっと喜ばれると思いますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-セルフケア, ダイエット, 豆知識

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.