クセ・習慣 腰痛

座り方を工夫するだけで腰痛改善できちゃいます!

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は、

腰痛をなる治りにくくしている座り方の癖

ついてお話しします。

何度もお話ししていますが、癖と言うものは生活を効率的にするために作り上げられているものですが、それがご自身の健康への足を引っ張っていると言う事も多々あります。

 

この癖と腰痛がもし関連付けているのであれば、

この癖が治さない限りあなたの腰痛は治らないと言うことになります。

 

癖は様々なものがありますが、生活に密接しているものがほとんどなので気付かないことが多いです。気が付けば改善しようがあるのですが、なかなかそれが大変なのです。

 

あなたにはどんな癖が自分にあると思いますか?

 

それは自分の健康にとって良い癖じゃないかもしれませんよ・・・・

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね

自分の座り方を確認する

では、自分がどっちに体重をかけて座っているか確認する方法を説明します。

 

これをすることで、あなたは常にその方向に体重をかけて座っていることが確認できるようになります。

 

どうするかといいますと・・・

 

硬い椅子に座る

 

です。硬い椅子に座ることによって、痛さという感覚でもいいですし、硬さを強く感じる方でもいいです。お尻への圧力がどちらかにかかっていれば、体重がどっちかに体重が乗っていると言うことを確認できます。

もし、あなたが今現在、椅子に座りながらこのブログを読んでいるのであれば、今、固い椅子に座っていましょう!

 

いかがですか?

 

どっちかに偏って座っていませんか?

 

もし、どちらかに体重をかけて座っているという事が判明したのであれば、それはあなたの癖です。これを直さない限りあなたの腰痛は良くならないでしょう。

解決策

動画でも説明しましたが、実はこれには非常に簡単な解決策があります。

 

それは

 

足を開いて座る

ということです。足を開いて座るときは、出来る限り開いて座りましょう。そうすることによって重心が左右にブレる事がなくなります。

 

「嘘だ~」と思ったあなた!ぜひ、今やってみてください。

 

真ん中に座れていることを実感できると思います。すごいでしょ。

 

女性の方で、スカートを履いていらっしゃる方は、ちょっと難しいと思います。ひざ掛けなどを使うようにして座ってみるといいかなと思います。足を組むよりはよっぽどマシですよ。

足を開いて座ることによりメリット

足を開いて座る事については、実はこれ以外にもたくさんあります。例えば・・・

・座ってるだけで腹筋を使う

・骨盤が立ちやすい

・横の体重のブレがなくな

・猫背解消のきっかけになる

・仕事しながら深い呼吸がしやすくなる

・姿勢がブレにくくなる

少しあげただけでも、これだけのメリットがあります。もしご自身が座ってる時に体重が偏って座ってしまっているのであれば、足を開いて座ることを習慣にしてみてください。

 

そうすることで、あなたの慢性的な腰痛を治すきっかけにもなるし、姿勢そのものを変える大きなきっかけになると思います。ぜひ、やってみてくださいね。

 

もし、その結果ご自身が変わることができたら、この内容お友達にも教えてあげてください!お友達にも喜ばれると思いますよ。

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, 腰痛

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.