クセ・習慣

痛みを確認する癖があなたの痛みを長引かせます。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

治療期間中に一番やってはいけない癖

についてお話しいたします。

これね、結構やってしまう人が多いです。

 

きっと、あなたもやってしまうでしょうね・・・・。決めつけてはいけませんねw

 

どういう事かと言いますと、

 

確認動作

 

の事なんです。「本当に痛くないのかな~」ってあえて痛い方向に動かしてしまうやつです。

例えば、足を捻挫した時に、包帯などで固定されてしまますが、「こっちの方向へ動かしてはいけませよ~」、「歩くときはこれをしないように意識してくださいね~」と言われているのに、痛みの度合いを知るために、あえてダメだという事をしてしまう・・・。という感じです。

 

どうです?経験あるでしょ。

 

人は、今までの痛みが感じなくなると、無意識でいつもの動作をしてしまいます。

 

そこで、「痛!」ってなり、「やっぱりまだ、治っていなかったんだ!」ってなります。

 

無意識でやってしまうことなので仕方のない事なんですけど、この癖は痛いとわかっていて、あえて動かそうとするんですね。

 

それも、何回も・・・・。

 

そりゃ~治りませんよ。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

痛みを急に感じなくなると・・

あんなに痛かったものが急に感じなくなると、開放感どころか

 

逆に不快になってしまうんです。不思議ですね。

 

本来、怪我などをしてしまうと痛みが最初強く、それが治っていくとともに徐々に痛みを弱くなっていきます。段階を経て痛みの感覚が小さくなることで、通常の感覚に戻っていきます。

 

ところが、痛かったものが急に感じなくなると、徐々に痛みが弱くなるという無意識の常識が覆され、「そんなはずはない!徐々に減らないとおかしい!」ってなってしまいます。

 

急激な感覚の変化に、体や思考がついていかない証拠なんですね。

 

怪我などの急性な痛みの場合は、まだ痛みが激しいし、感覚が短いのでその感覚になれやすくなりますが、慢性的な痛みの場合、痛みを感じていた時と感じていない時のギャップに混乱してしまいます。

 

慢性的な痛みを抱えていた方は、特に、痛みを確認しながら追ってしまうんですね。

 

たしかに、どのくらいよくなったかな~って確認したくなる気持ちもわかりますが、それをしてしまったが為に、治る期間がどんどん遅くなってしまうという事は頭に入れておいた方がいいですよ。

慢性的な痛みや怪我を早く治したいですよね。

この動作をしているうちは、治るのも治らずズルズルいってしまいます。そこで、こうなってしまわないように私があなたにお願いしたこと、それは、

 

目的を見失わない事

 

これにつきます。どういう事かと言いますと、

 

早く治すという目的痛みを持ち続けていたいという目的かを自分の中ではっきりさせる事です。

 

当然、早く良くしたいですよね。ですが、心からそう思っているのか、自分に問いただす必要がありますよ。

 

痛みを持ち続ける事へのメリットというのも深層心理ではあるかもしれませんからね。

 

もし、あなたが、本当に心から治したい、良くしたい。その方向へ目的が定まったんであれば、

 

先生や施術者のいう事を聞いてください。そして、出されたアドバイスをしっかりやってください。

※言う事を聞いたにも関わらず、良くならない場合は場所を変えなくてはいけませんよ。

 

そうすることで、あなたが長年抱えていた痛みからすっかり解放される事になりますから。ぜひ、頑張ってみてくださいね。

 

もし、あなたがこの記事を実践し今までの痛みから解放されたら、この内容をお友達にも教えてあげてくださいね。喜ばれますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.