クセ・習慣 腰痛 豆知識

美容にも影響が!ほうづえがあなたの腰痛を治りにくくしています。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

ほうづえの癖が腰痛を治りにくくしてしまう

についてお話しいたします。

あなたは、ほうづえをつく癖がありますか?

 

ほうづえって意外と癖の人いますね。しかも、ぜんぜんやっていることに気が付いていない。

 

でも、これがいろんな弊害を生む結果になるって知ってました?

 

アゴがゆがむだけでは済まないんですね。

 

あごの関節は、実は体中に影響を及ぼします。腰にもまた影響を与えます。

 

あごの位置関係で腰痛を治りにくくしてしまうことだって当然あるのです。

歯並びが腰痛に関連している記事はこちら

 

あなたは、そんな癖ありませんか?

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

なぜ、ほうづえをしてしまうのか?

先ほど、ほうづえはクセだというお話をしましたが、なぜ、それをやってしまうのでしょうか?

 

もし、やってしまう方は思い出してみてください。一番最初何の目的で、ほうづえをやり始めましたか?

 

おそらくそれは、首を休めるため

 

ではないでしょうか?首が疲れたため、首の筋肉の緊張を解こうと腕でアゴを支えたのが最初だと思います。もしくは、他の人やメディアがそれをやっているのをかっこいいと思ったか?です。意外と他人やメディアの影響ってそういう所でも強く発揮されてしまうんですよ。

 

そして、ほうづえが楽だったため、首が少しでも疲れるとやってしまう癖がついてしまった、という感じだと思います。

ほうづえがもたらす弊害

ほうづえの最も恐ろしい事が、

 

いつでも同じ方向に一定の圧力をあごの関節に与えてしまう

 

所にあります。だいたい、ほうづえって同じ手でやりませんか?頻繁に交互にやったりしませんよね。

 

これを頻繁に繰り返すことで、強制的にあごの関節をゆがめてしまうんです。自分で自分のアゴのゆがみを作ってしまうんですよ。怖いですね。

その歪みが様々な弊害をもたらします。それは

1、顔自体のゆがみ

2、顔のしわ・ほうれい線ができやすくなる

3、ニキビ・肌荒れの原因

4、歯並びが悪くなる

5、肘が黒ずむ

などの美容上の弊害も出てきてしまいます。(参考:癖になっている人注意!「頬杖」がカラダに与える影響が怖い-NAVERまとめ-)

そして、アゴがゆがみことによって、今回の本題でもある腰にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

※そのメカニズムについては、こちらを参考にして下さい。

ほうづえが習慣化されることによって、こんなに色々な弊害が出てきてしまいます。しかも、その原因がほうづえだっていうのも気が付かないし、ほうづえを自分が習慣的にやってしまっていることにも気が付かない・・・。

 

そりゃあ、治りませんよね。

ほうづえの習慣をなくそう!

ほうづえの習慣はなぜ起きるのかと言えば、

 

首が疲れるから

 

でしたね。首が疲れなければ、ほうづえはつく必要がなくなります。という事は、首が疲れないようにすればいいんですよ。

 

簡単に言ってしまいましたが、なぜ、首が疲れると思いますか?それは、

 

顔が前に出ているから

 

です。顔が前に出ているせいで、頭の重さを首の身で支えてしまっているんです。その重さを支えるためにほうづえをしてしまいます。

では、どうしたらいいのでしょうか?それは、

 

頭を体の中心の持ってくる。

 

これをすれば、首だけにかかる負担がほとんどなくなります。中心に持ってくるという事はいつものあれです。

 

あごを引いて頭を後ろに引く事

こうすることで頭の重みを中心にもってきて、首への負担を減らせます。最初はわかりづらいかもしれませんが、体はその位置をしっかり知っているので、その位置に持ってくると首が楽になるのを実感できるようになります。

 

もし、あなたの腰痛が治りづらくて、ほうづえをつく癖があるかもと思い当たる可能性がある場合はこれをやってみてくださいね。

では、また。

-クセ・習慣, 腰痛, 豆知識

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.