クセ・習慣 猫背 肩こり、頭痛

肩こりは肩を押しても治りません。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は

肩こりの対処法の誤り

についてお話します

Designed by Freepik

なぜ、このお話をするかと言いますと、肩こりはマッサージするものだと言う誤解が世の中にはびこっているためです。

 

あなたは肩が凝ったらどうしていますか?一般的に広まっている考え方だと以下の様な選択肢になりますね。

・マッサージやもみほぐしに行く

・ヨガやストレッチなどで体をほぐす

・運動して体温を上げて、解消する

・薬に頼る

以上の事が選択肢として挙げられると思います。

 

マッサージや揉みほぐしにいかれる方はなぜ行こうと思うでしょうか?

 

これは、

 

マッサージ=気持ちいと言う認識があるからです。

 

確かに、人の手で押されることにより、気持ちかもしれません。それは筋肉破壊されることにより、気持ちよくなる物質が筋肉から放出されるからです。

 

ですが、そこを機械的に破壊したからといって肩こり自体は何の解決にもなっていません。だから結果として、繰り返し揉み続けなければいけなくなります。

 

そうなんです!肩こりの問題を解決するには、

 

なぜ、あなたの肩が凝っているのか?

 

というのが非常に重要になってきます。肩こりが勝手に凝ってくるわけではないのです。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね

確かにそこが固く感じますが・・・

確かに、肩こりを感じている時の肩は触っても硬く感じるし、揉みやさんに行っても「硬いですねー」と言われるかもしれません。

 

ですが、先ほども言ったように勝手に硬くなったのではなく、

何かのきっかけがあって結果として肩が硬くなっている

という認識が非常に大事になります。

 

結果として硬くなっているのだから、そこを押したり、揉んだりしたところで、一時的に柔らかくなるかもしれませんが、硬くなったきっかけが解消されないので、またすぐに硬くなってきます。

 

しかも、肩の凝りを機械的に破壊することにより、筋肉は防御作用が働き、さらに硬くしてそこを守ろうとしてしまいます。

 

悪循環の始まりです。

 

例えば、動画でもお話しましたが、肩の周辺にある肩甲骨や背骨などに問題があった場合、それを解決しなければ肩の緊張を取ることができません。

また、その周辺に限らず頭の位置や足首の問題、重心のかかり方などの問題が肩こりに原因としてる場合はそれらを解決しないと、またすぐにコリが生まれ辛い状態になってしまいます。

 

もまれると気持ち良いかもしれませんが、それは最終的には肩こりをほぐすという目的よりは、気持ちいいから揉んでもらうという感覚になってしまうんですよ。この時点で目的が変わってしまっています。

原因を探ること

「肩が凝ったな~、辛いな~、頭痛までしてきた・・・」と思ったら、すぐに揉んでもらおうと思わずに、その原因を探ることを心掛けてください。

 

この肩こりはどうして起こってしまったのか?ということを探らない限り、肩こりはなくなることがありません。

 

もし、自分で探ることが難しいのであれば、やはり身体に詳しい専門家に託してみるというのは非常に有効だと思います。改善はもとより、解決策、あなたに合った日ごろのケア仕方まで教えてくれるところがいいですね。

 

ただ、検査もせずに押してくれるところではなく、しっかり原因を探してくれるところを探してくださいね。

 

そうなんだ!と思ったあなたも、たとえ肩こりがあっても、押したり揉んだりするのは、今日からやめてくださいね。悪循環が始まってしまいますよ。

 

大切なことは、原因を探る事とそれを解決する事です。

 

必ず方法はあるので、諦めずに探してくださいね。

 

この記事を読んで、肩は揉んではいけないのねーと、思っていただいたあなたは、この内容をお友達にも教えてあげてください。お友達の肩こりも結果的に解消され、喜ばれると思いますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, 猫背, 肩こり、頭痛

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.