クセ・習慣 セルフケア 姿勢 自律神経

背骨が硬いと馬鹿になる?

投稿日:

こんにちは!

 

 

北海道札幌市中央区南24条で腰痛・足のしびれ専門整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

今回は、

背骨の硬さと脳の働き

についてお話していきます。

 

難しそうな感じを受けると思いますが、そこまで難しくしないつもりなのでご安心ください。

 

 

あなたは、背中が疲れてきたときに頭がぼーっとする経験はありませんか?

 

 

私は、普段背もたれによしかからないのでよくあるのですが、背もたれによしかかりまくっていたら感じにくいかもしれませんね。

 

 

これって、ただ血流が悪くなって頭がぼーっとするわけではなく、脳脊髄液(頭蓋骨の中を満たす液体)の流れが悪くなってボーっとしているんですよ。

 

 

背中が疲れてくるときって、何も背中の筋肉だけが硬くなるわけではなくて、背骨と背骨をつなぐ靭帯も硬くなっているんですね。

 

 

結果的に背中が辛くなる時は背骨も一緒に硬くなっているという事です。

 

 

では、なぜ背骨が硬くなることで脳脊髄液の流れが悪くなり、頭がぼーっとしてくるのでしょうか?気になりますね。では、動画をどぞ!

画像をクリックすると動画が見れます

 

脳と背骨の切っても切れない関係

脳は指令を脊髄神経を通して、全身に出しています。

交通事故などで脊髄神経の一部を傷つけてしまった場合、傷つけた部分から下は命令が届かない事になります。これがいわゆる脊髄損傷というやつです。

 

 

脊髄神経が簡単に傷つくわけにはいきません。そのため頑丈なもので保護する必要があります。ですが、動物は動くの事によって生活しています。頑丈にしすぎてしまうと動く事が出来なくなってしまいます。

 

 

そうならないように、膜や靭帯で覆われた脊柱管に覆われながら、体の動きに支障が出ないように骨を細かく分けて動きやすくしています。

 

 

これが、背骨なんですね。背骨が細かく分けられることで(24個と仙骨)、体の動きと衝撃の吸収、体の支持が出来るようになるのです。人の体は本当にすごい!

 

 

超簡単にまとめると、脊髄神経は背骨によって守られているという事です(まとめすぎか!)。

背骨の影響をもろに受ける脊髄神経

先ほども述べたように、脳から出ている脊髄神経は背骨に守られています。

 

 

背骨は動いたり、立ったりすることを前提に設計されています。

 

 

動かない状態で同じ姿勢を長時間、もしくは長期間続けていると維持をしなければいいけない関係上、背骨を硬くする必要があるのです

 

 

背骨が硬くなってしまうと、脊髄神経はどうなってしまうのでしょうか?そうなんです。

 

 

脳脊髄神経を保護・栄養している脳脊髄液の流れが悪くなるんですね。

 

 

脳脊髄液は、心臓のようなポンプは存在しないため、どのように流れているのか謎に包まれているのですが、背骨の動き(特に仙骨)が関係しているのは明らかです。

 

 

背骨を硬くしてしまうと、脳脊髄液の流れを助ける事が出来ないんですよ。

 

 

脳脊髄液の流れが悪くなることによって、頭蓋骨の動きも悪くなり、結果的に脳が活発に働けなくなるんですね。だから頭がぼーっとするんですね。

背骨を柔らかくすれば頭がよくなる?

と、いう事は背骨を柔らかくしておけば、脳脊髄液の流れも良くなり頭も活発になります。これにさらに良い姿勢でいれば、脊髄神経にもストレスを与えることなく神経伝達がスムーズになるという事です。

 

 

まさにいい事尽くめ。

 

良い姿勢は脊髄神経のストレスをなくする

良い姿勢の状態での背骨の弯曲は、脊髄神経においても理想的な弯曲です。これは、赤ちゃんが寝がえりから始まり、立って歩くようになるまでの過程で形成される弯曲なので神経伝達がもっとも効率が良いとされています。

 

背骨を丸くしてしまうと、背骨に守られている脊髄神経管は理想的な弯曲を維持することが出来ないために同一の太さを維持できなくなってしまいます。そうなることで、やや細くなってしまったところに脊髄神経はストレスと受けてしまうんですね。

 

 

ストレスを受けている場所が原因で、そこを中心に神経の交通渋滞が始まってしまうんです。そうなることで、神経の伝達に遅れが生じてしまうんですね。

背骨を柔らかくして頭をすっきりさせよう!

では、背骨を柔らかくするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

何か特別な事をしなければいけないのでしょうか?

 

 

いいえ、そんなことはありません。どうするのかというと、仕事などの長時間、同じ姿勢を強いられる機会を減らせばいいのです。

 

 

具体的には、こまめに伸びをしたり、体をそらせたり、寝る前にストレッチをしたり、歩いたりすればいいのです。身体を動かす機会を意識して増やすんですね。

 

 

そうすることで、背骨を柔らくでき、頭も活性化されていきます。また、伸びやストレッチをすることで酸素も多めに取り込まれますから、体の中も活性化されて気分も良くなります。

 

 

合間合間の運動やストレッチは簡単な事ですが、体や脳にとっては大変重要な事です。

 

 

こまめに体を動かして、背骨を柔らかくしてくださいね!ついでに姿勢も良くしましょうねw

 

 

では、また。

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?

 

ご提案はこちら

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

 

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, セルフケア, 姿勢, 自律神経

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.