Q&A

良くなった後のメンテナンスって必要ですか?

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体院をやっているあさひ治療院の櫻田です。

 

暑くなったり、寒くなったり、雨が降ったり落ち着かない天気ですが、あなたはどうお過ごしですか?

 

体調を崩しやすいので気を付けてくださいね。特にぎっくり腰

 

というわけで今回は

メンテナンスは本当に必要なのか?

についてお話しいたします。

あなたはお身体のメンテナンスについて、どうお考えですか?

 

または、腰痛などで病院や整体院にいって、よくなってからどのような行動をとりますか?

 

病院や整体院などではその後の指導ってほとんどしないですよね。なので、実際はどう行動したらいいかわからないというのが答えだと思います。

 

自分の今の体の状況に対してメンテンナンスが必要か否かの判断を客観的にして貰うことが出来ないんですね。

だから、「余分な費用もかけたくないしいいか。また、ひどくなったら行けばいいし」となります。

それで、本当にひどくなって、例えば手術になってしまったら余計に費用がかさんでしまう結果になりますね。

 

そう考えるとメンテナンスは必要なのか?

 

という考えになっていくかもしれませんが、そう結論出す前にこちらをご覧ください。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

 

すべてに人が治療後メンテナンスが必要というわけではなく、メンテナンス治療が必要でない人、必要な人に分かれてくると思います。

メンテナンスが必要でない場合があります

それは、どのような方の場合に当てはまるのかと言いますと。

 

ご自身で完璧に体調を察知して管理することが出来る人

 

がこれに当てはまります。治療中に施術する方から聞いたアドバイスや運動指導(あさひ治療院では宿題ですね)をしっかり身に付け、実践し、継続していける人の事ですね。

そのような方は、二度と同じ症状に悩むことはないですし、もしかしたらさらに健康になるでしょうね。

メンテナンスが必要な人は?

上記に当てはまらない人ですね。具体的には

 

完璧な体調管理が自分でできない人

 

の事をいいます。さらに分類していくと

1、運動やストレッチが面倒な人

2、家事や仕事が忙しくて管理したいけど、うまく時間が作れない人

3、自分が辛かった事実を忘れちゃう人

4、辛いときだけ整体やマッサージに行けばいいやと考えている人

などが当てはまりますかね?

このような方はメンテナンスが必要です。さらに言うとこのような方は再発しやすい傾向にあります。

このような方がメンテナンスしていけば、再発をすることなく体を健康に保つことができ、続けることで潜在意識に健康に関しての知識や考え方を刷り込む機会が出来るので、非常にいいでしょうね。

メンテナンスが必要な方と必要でない方の割合は?

私の経験上の事を含めまして、どのような割合になるかと言いますと。おおよそ

 

(必要でない方):(必要な方)=1:9

 

ぐらいの割合です。もしかしたら必要でない方の割合はもっと低いかもしれません。それぐらいメンテナンスした方がいい方って多いんですよね。

 

やっぱり、再発する方の多くは自分の体調管理がうまくできていない方というのが当てはまりますからね。管理が上手にできない方は、再発予防も含めてメンテナンスした方がいいんですよ。

施術する側の責任

なぜ、メンテナンスした方がいいかどうなのかを自己判断しなければいけないのか?

それは、症状が良くなってきて治療の終了がちかくなった時にそのような指導を怠ってきた施術者に責任があります。

 

施術者は、治療することに専念するあまり、その後の事を考えていない傾向にあります。そういう方って実に多いんですよ。ドクターとかもそうですよね。「また痛くなったら来て~」ってさらっと言いますからね。

 

施術者がこの人がしっかり自分で自己管理できる人かメンテナンス必要な人か判断して、しっかり指導しなくてはいけませんね。その人の良くなった先の事を考えれば当然必要になるでしょう。

 

もし、あなたが現在治療中でもうすぐ良くなりそうな感じになってきてるのあれば、聞いてみるといいですよ。「私はメンテナンスが必要だと思いますか?」って。この質問はあなたの健康を維持するうえで非常に重要になってきますから、やってみてくださいね。

それでは、また。

-Q&A

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.