セルフケア 背中 腰痛

身体を反った時の腰痛の原因は?実は・・・

投稿日:

こんにちは!

 

今回は

後ろに反りかえった時の腰痛

についたお話しいたします。

前回は、前かがみ(前屈)になった時の腰痛についてお話ししましたね

参考記事:前かがみの腰痛の原因はズバリ!下半身です

 

前かがみの腰痛の主な原因は下半身にあり、腰痛を解消するためには下半身のストレッチが重要だという内容でしたね。

 

今回は、後ろに反った時の腰痛の原因です。

 

自分の腰痛の原因を知りたくなった時、この2つの動作をするだけで、大まかな原因を見つける事ができます。

 

前かがみによる腰痛と反り返った時の腰痛の差を知っているだけでも、改善への道が大きく開けて腰痛の原因の的を絞ることが出来ますからね。

 

あなたの腰痛は、前かがみで痛くなりますか?それとも、反り返った時の痛みですか?

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね。

反った時の痛みは、少し複雑です。

反った時の腰痛の原因は少し複雑です。前かがみの腰痛の原因は下半身だから、反り返った時の腰痛は上半身だ!

 

合っているようなあっていないような感じです。近いですけどね。

 

では、原因は何なんでしょうか?

 

主な原因は背骨の硬さによるものです。

 

勿論、他の原因を考えられます。動画でお話ししたように、ふとももの問題、腸腰筋という筋肉の問題、ろっ骨の問題なども十分に考えられるので、それだけが原因というわけではありません。

背骨の硬さは反った時にこそはっきりわかる

背骨は結構複雑な形をしていて、複雑に配列されていて、

 

それが、綺麗に配列されることにより、綺麗に反ることが出来ます。

どこかが曲がっていたり、ずれていたりすると、その一個が動きを阻害し他の関節が余計に大きな動きを強要されてしまうんですね。

 

その結果、上からの重みと余計な動きの強要により腰に負担がかかる結果になります。

 

背骨がきれいに配列されているか確かめるのにも、体をそらす行為は重要なんですね。

※その他の原因に関しては、上の動画を参照してくださいね。

実際にやってみましょう!

では、実際の体をそらしてみてください。

どうですか?痛みはありましたか?

 

もし、腰に痛みが出るようでしたら背骨が硬い可能性が高いので、背骨を柔らかくすることに注力していただくといいですよ。具体的な運動法を載せておきますね。下の動画参照

画像をクリックすると動画が見れます

もし、背骨に原因がない場合、どのように確かめればいいのでしょうか?

 

身体を反るときに大原則として、上から順にそっていくというのがあります。

 

この目的は、原因を特定するためです。

 

背骨に原因がない場合は、体の前の方で皮膚が突っ張る感じがあり、その後腰が痛くなります。背骨の場合は背骨が引っかかるような感覚があります。

 

・胸の方で突っ張れば、ろっ骨の問題

・おなかの下の方で突っ張れば、腸腰筋の問題

・ふとももで突っ張れば、ふとももの問題

 

この感覚を頼りにすると、自分でも腰痛の原因を絞りやすくなりますよ。ウソだと思うかもしれませんがゆっくり反っていくと、感じる事が出来ますよ。

 

今回までの2回で、あなたは反った時の腰痛と前かがみの時の腰痛について知ることが出来ました。もし、自分の腰痛の原因を知りたいと思った時は、ぜひこの2つの動作を試してくださいね。レッツチャレンジ!

 

もし、あなたがこの動作をして腰痛の原因を知ることができ、腰痛を改善するきっかけを作ることが出来たら、この内容をお友達にも教えてあげてくださいね。喜ばれますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-セルフケア, 背中, 腰痛,

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.