クセ・習慣 ダイエット 姿勢

通勤中、座っていても体を作ることはできますよ。

投稿日:

こんにちは!

 

北海道苫小牧市と白老町で腰痛専門の整体をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

今回は前回の続きになります。

移動中でも姿勢改善やダイエットできる方法

をお伝えしていきます。

前回は立っている状態での方法をお話しました。移動中、立っているときに姿勢を意識することで、電車などの揺れを利用して、有効に体を良くしていこうというものでした。

参考記事:通勤時間を健康の為に使いませんか?

 

今回は座った時はどうするか?についてお話します。

 

なぜ、この話をするかというと、やっぱり座ったときの方が気が抜けやすいし、やることの選択肢が立っている時より増えてきます。寝るとか。

 

座った瞬間に寝てしまう人とかいますよね笑。

 

確かに、出勤前だったり、退勤中だったりすると、移動中くらい休みたいと言う気持ちもわかるのですが、その時間を自分の体のために使ってあげるというのもありなのではないかなと思います。

 

結果的に疲れにくくなりますし、腰痛や猫背、肩こりも解消されてくるので、仕事の能率も上がりますからね。

 

移動中に、意識して体を作ることによって、もしかしたら、仕事終わってからジムに行くとかよりも、はるかに効率的に体を作ることができるのではないでしょうか?

 

何もできない時間こそ、何かをする時間に使うと言うのは非常に良いことですよ。

画像をクリックすると動画が見れます

解説しますね

背もたれによしかからないことで

動画でも話しましたが、電車やバスなど移動中、背もたれによしかからないというのは、体にとっては、非常に有効です。何が有効かと言うと。

・良い姿勢を作ることができる

・電車の揺れを利用して、細かい筋肉まで刺激することが出来る

・肩こり、腰痛対策になる

以上のようなことが期待できます。

 

背もたれを使うことによって姿勢は、非常に悪くなりやすいのです。背もたれによしかかる事により、背中を丸めやすくしてしまい、その状態で長時間過ごすことによって、腰に負担をかけたり、猫背を助長したりしてしまいます。

参考記事:背もたれによしかからない習慣があなたを腰痛知らずにします

もしも、今椅子に座っているのであれば、やってみましょう!

実際にやってみましょう。

 

1、背もたれから背中を少し離します。

2、一度お尻を持ち上げて、少しお尻を突き出して座り直します。

3、ちょっと胃の部分を前に出して、顎を引く。

まとめると、上図の様な感じです。可能であれば、ちょっと足を開いてみると座りやすいです。勿論。足を閉じた状態でもすることが可能です。

 

ただ、ここで注意すべき事が1つあります。それは

 

足を組まないことです。

 

足を組んでしまうと骨盤を後ろに倒してしまいます。骨盤を後ろに倒してしまう事で自動的に背もたれにかかりたくなってしまうんです。

 

最初は、必要な筋力がないために、お尻や背中がしんどくなるかなと思うんですが、それに必要な筋力がついてしまえば、体はどんどん良くなっていきますよ。

 

もし、移動中でも体を作ったり、ダイエットしたいと考えているのであれば、早速今日明日からやってみてくださいね。

 

他の方がだらしなくしている間、あなたは体を作る事ができるので圧倒的に差がついてくるし、早く効果を引き出すことができます。オススメですよ。

 

もし、これを実践しこの効果を実感できて、理想の体を取り作ることができたのであれば、この内容をお友達にも教えてあげてください。喜ばれると思いますよ。

 

では、また。

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-クセ・習慣, ダイエット, 姿勢

Copyright© 腰痛・足のしびれ専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.