O脚 クセ・習慣 姿勢

靴底の内側、外側だけが減る人はすぐ読んでください!

更新日:

こんにちは!

 

 

北海道札幌市中央区南24条で腰痛・足のしびれ専門の整体院をしているあさひ治療院の櫻田です。

 

 

さて、今回は靴の減り方シリーズ第2弾です。

 

 

靴の裏見ていただけましたか?どんな減り方をしていましたか?

 

 

もし、まだ見てない人はいてみてくださいね。

 

 

前回は、靴の減り方には特徴があってそれがゆがみと大きな関係があるというお話をしました。そのためには理想的な靴の減り方はどんなものなのか知る必要があるという事でしたね。

参考記事:理想的な靴の減り方をしていないと、あなたの体は不調になる・・・

 

 

今回は、

靴の減り方と代表的な体のゆがみ方

についてお話しいたします。

 

前回は、理想的な靴の減り方をお話をしたので、今回は理想的ではない靴の減り方についてのお話です。

 

 

靴の減り方って、かなりいろんな減り方ありますよね。細かく探っていくと結構その人の癖や習慣が見えてきます。

 

 

歩き方、普段の姿勢、歩く速さ、性格など多くの事がわかるんですよ。

 

 

全てを上げるときりがないので、代表的な奴を取り上げていきますね。

 

 

今回取り上げるのは、靴の外側だけ減るパターンと内側だけ減るパターンについてです。これは、結構いますよ。

 

 

あなたはどうなっていましたか?では、動画をどぞ!

画像をクリックすると動画が見れます

靴の減り方で何がわかるのか?

今回は、内側だけ減る方、外側だけ減る方についてのお話ですが、これがわかると何がわかるのでしょうか?

 

 

それは、体のゆがみ方です。ですが、ゆがみ方が分かったところで私とどう関係あるの?と思われるかもしれませんね。

 

 

大事なのは、その先です。

 

 

もし、あなたが腰痛や肩こりなどの慢性的な症状にお悩みの場合、靴の減り方でそれを解決できる糸口を見つける事が出来るんですよ。

 

確かに、すべてがすべて、今回お伝えするようなゆがみ方をしないので、これがわかったからって、すべて解決というわけにはいきませんが、大まかな傾向がわかるので自分がどんなゆがみ方をしているのかを把握することが出来るようになりますよ。

 

 

自分のゆがみ方がわかるだけでも、解決に向けてかなり前進したことになりますからね。

靴の減り方でどんなゆがみ方をするのか?

靴の外側だけが良く減る人のゆがみ方

靴の外側だけが良く減る方は、O脚傾向にあります。※ここで傾向という言葉を使っているのは、O脚の方の様な力のかかり方をしているのであって、O脚ではない場合も含まれるからです。

なぜ、この事が言えるのかと言いますと、立っているときに体重が真っ直ぐ下に行くのではなく、外に逃げているからです。だから靴の外側に体重がかかりやすい。

 

 

この原因に関しては動画でもお話したように、

・踵が内側に入り込んでいる

・腿の内側の筋肉が弱い

・骨盤が開いてしまっている

・猫背傾向

・足を組んで座る傾向にある

 

以上の様な場合にこのような立ち方をしてしまいます。このような立ち方が体に染みつくことで、当然歩き方もそのようになってしまいます。

 

 

そこに気が付かないで行ってしまうと、膝が変形して本当のO脚になってしまうでしょうね。

靴の内側だけが減る方のゆがみ方

内側だけが減ってしまう人は、X脚(内また)傾向にある方が多いです。

 

このようになってしまう原因はO脚傾向の方反対の原因を持っている場合が多いです。

・つま先が内側に入り込んでいる(踵が外側にねじれている)

・腿の外側の筋力が弱い

・骨盤が後ろに傾いている

・お尻の筋力が弱い

 

などが考えられます。正直O脚傾向の方に比べて、あまり数が少ないのでこれぐらいしか出てきませんが、このような原因が考えられます。探せばもっとあるでしょうね。

 

 

この方も同様に、この現象に気が付かないと将来は膝が変形してしまい、本当にX脚になってしまいます。

 

靴の片側だけが減ってしまう方

靴の片側だけが減ってしまう方も多いですよね。

 

または、右側は外側、左側は内側が減るという方もいるかもしれません。そのような方はどんな傾向があるのかというと、

 

 

普段の立っているときに、習慣的に体重をどちらかの足にかけている傾向があります。

 

右足に体重をかけてしまう方は、いつも毎日立ってるときは右足に体重をかけてしまうという事です。これは実に多いですよ。

 

よく、片方のひざや股関節が痛いという方がいますが、そのような方はこの傾向がありますね。この方は筋肉を使わないで片方の足の関節に体重をかけてしまう傾向があるために、炎症を誘発しやすいんですね。

 

靴の底は身体の指標

このように、靴の底の減り方でも体のゆがみ方というのを把握できるのです。

 

靴の裏を定期的にチェックすることにより、自分の身体はどのように歪んでいるのかを客観的に把握できるようになりますよ。

 

 

膝や股関節などの骨が変形してしまってからでは、遅いですよ。わかるうちに把握して対策をしていけば膝や股関節の手術をしなくても良くなりますからね。

 

靴の減り方で体のゆがみがわかるなんて信じられない!

もし、あなたがそんなのウソだ!と思うのなら、周りの人を見てみてください。

 

もし、お友達にO脚やX脚で悩んでいる方がいらっしゃったら、聞いてみてください。「あなたの靴はどんな減り方をしていますか?」って。

 

 

そうしたら、みんな口をそろえて、O脚で悩んでいる人は外側がX脚で悩んでいる人は内側が減っていますよ。

 

 

聞いた結果が一番の証拠だと思うので、ぜひやってみてくださいね。

 

 

あなたの靴はどのように減っていますか?すぐ確認してくださいね。次回は解決編をやっていきます。どのように立てばいいのか?どのように歩くとゆがみが改善されていくのかを説明していきますので楽しみにしていてくださいね。

 

 

では、また。

 

いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

 

姿勢を変えたい!腰痛をしっかり治したいと思っているのに、なかなかいい機会に恵まれていないのでしたら、あさひ治療を体験してみてはいかがでしょうか?

 

ご提案はこちら

 

この記事に関するコメント、お問い合わせ、あさひ治療院についてのお問い合わせ、ご予約はこちらからお願いします↓

↓こちらからでもご質問・お問い合わせ・ご予約できます。↓

-O脚, クセ・習慣, 姿勢

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門整体院あさひ治療院 , 2018 All Rights Reserved.